<< 蛍もどき。 山菜採り。 >>

山菜採りで見た植物。

ユキツバキ 積雪のため、木も花も小さい。
e0086881_22471667.jpg

マンサク 
e0086881_22484541.jpg

ショウジョウバカマ 今まで見たのは、もっとピンクで色が濃い。
e0086881_22494589.jpg

たぶん、イワカガミ
e0086881_22504272.jpg

エンゴサク?
e0086881_2254138.jpg

クロモジ?
e0086881_22554771.jpg

スミレ 黄色は、団体で咲いていた。
e0086881_22564996.jpg
e0086881_22571144.jpg

ふきのとう 食べるには、葉や花が黄色っぽい方が、柔らかくて香りが強いそうだ。
e0086881_2303216.jpg
e0086881_231171.jpg

こんな風に斜面に、ふきのとう、カタクリ、つくしなど生えていた。
e0086881_2314791.jpg

アズマイチゲ 白が目立つ花。
e0086881_2374562.jpg

コシアブラ、タラの芽、ヤマウドには、早かったが、
カタクリなどいろんな花が見られて、エキサイティングな一日を過ごせた。
Tさん、ありがとうございました。

植物の名前が、違っていたら、教えてください。
[PR]
by karumian | 2009-04-14 23:10 | 植物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://someiroiro.exblog.jp/tb/10050860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by a petits pas at 2009-04-15 06:56 x
おー野生のふきのとうが!
そうやって咲いているのですね。
しかし、こうやって快適な家の中でパソコンの画面でしか、
確認したことがないって言う現代人的自分ってのもいかんです。
Commented by karumian at 2009-04-16 10:25
>a petits pas さま、実物はいつか見られるかもしれないので、
PCでもテレビでも本でも、知識として認識しておくのもいいのでは。

「雪国の山野草は雪のお布団に包まれて眠るので、
花も葉っぱも大きいのが特徴。」とある冊子に書いてありました。
<< 蛍もどき。 山菜採り。 >>