<< 栗染め、その2。 栗ご飯、皮は染め材料。 >>

栗染め、その1。

栗は、幹材・樹皮・緑葉・花・果皮・イガのいずれも染料になります。
私は、栗ご飯でむいた皮を使いました。

e0086881_17364297.jpg

絹のスカーフの染め方

① ボールに皮をいれ、水をいれ沸騰してから、20~30分煮出す。これを繰り返し3番液までとる。




e0086881_17424980.jpg
② ①でとった染液を80℃くらいにあたためで、あらかじめぬらしたて脱水したスカーフを入れて、染液の中で静かに広げるように染める。20~30分。

③ 媒染液(ミョウバン・鉄・銅・石灰など)に浸ける。20~30分。

④ ②の液を温めて浸ける。20~30分。

染液を新しくして②③④を繰り返し、必要な濃さに染める。

大まかな染め方を書いたのでわかりにくいと思いますが。
媒染も説明が、必要ですね。つづく・・・。
[PR]
by karumian | 2005-10-05 18:14 | 染め | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://someiroiro.exblog.jp/tb/1283057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 衣料素材辞典II at 2005-10-12 06:51
タイトル :
絹絹(きぬ、silk)は、カイコ|蚕の繭からとった天然の繊維。独特の光沢を持ち、古来より珍重されてきた。主成分は蚕が体内で作り出す蛋白質|たんぱく質・フィブロイン。絹の糸を生糸(きいと)ともいう。養殖して作る家蚕絹と野性の繭を使う野蚕絹に分けられる。1個の繭から約800〜1200mとれるため、天然繊...... more
<< 栗染め、その2。 栗ご飯、皮は染め材料。 >>