<< ブラウンな日々。 秋の新作。 >>

小林純子裂織展。

e0086881_17345268.jpg
e0086881_17351426.jpg

銀座煉瓦画廊に、小林純子さんの裂織展を見に行った。
いわゆる裂織、厚ぼったくて重い裂き織とは、違う。
ストールには、裂き糸を撚りをかけて入れたり、普通は裂いたままで撚りはかけない。
e0086881_17362882.jpg

一番上のDMの写真や、すぐ上の黄土色の格子。
どうやって格子になっているのか、絣ではなさそうだし、わからなかった。
小林さんに説明してもらう、一度普通に横縞の裂織を織る、
それを縦方向に切り、それを緯糸としても一度裂織をする。
写真では、絨毯のように見えるかもしれないが、厚さはない。
一つの色でも、3色使っているので、立体感、ビロードのような質感にも見える。

もう一つの裂織の展開として、平織だけでなく、浮き織り?で厚みと立体感を出した帯。
e0086881_1749128.jpg

e0086881_17494561.jpg

右の帯の詳細。裂織には見えません。
モダンな感じ。
e0086881_17531638.jpg

上の小さいものは、指先のない手袋だそうです。

いろんな裂織に挑戦している小林さん、是非ご覧ください。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2011-10-28 17:57 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://someiroiro.exblog.jp/tb/16267918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ブラウンな日々。 秋の新作。 >>