<< 1979年。 雅楽演奏会。 >>

ダリ展とブラッスリーポール・ボキューズ・ミュゼ。

国立新美術館にダリ展を見に行く。
日曜日で混雑が予想されるため、10時前に入場がはじまる。
比較的ゆったり見られた。

e0086881_21224400.jpg
e0086881_21223033.jpg
「メイ・ウェストの部屋」のみ撮影できる。
ミラーがあって、下のような写真も撮れる。

絵画のみでなく、映画、舞台美術など多彩な試みが見られる。
ディズニーとのアニメーション、「デスティーノ」は、ダリのモチーフが動いて楽しかった。

ダリ展を見終わって、11時過ぎに3階のブラッスリーポール・ボキューズ・ミュゼに行く。
は、随分行列があったのに、すいていた。
写真を見ると昔の方が、ボリュームがあった?

温かいパンとリエット(鳥のカレー味)。
リエットはふわっとしていて美味しかった。
リエットは、その時によって内容が違うのかな?
e0086881_21225671.jpg
メイン、さわらの焦がしバターとアーモンドのソース。
ソースがアーモンドがカリッと香ばしい。
e0086881_21231230.jpg
デザート、洋ナシとキャラメルのムース。
e0086881_21232542.jpg
それに、紅茶。
二人で、5000円でおつりがくる。
ちょうどよい量で、ご馳走様でした。





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


[PR]
by karumian | 2016-10-24 22:10 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://someiroiro.exblog.jp/tb/24746957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by desire_san at 2016-11-25 13:50
こんにちは、
私も「ダリ展」を見てきましたので、ブログを楽しく拝見しました。今回のダリ展では初期から晩年までと多くの傑作も含む幅広く多様な作品群で構成されたていて、ダリ芸術の全貌を見ることができました。心理学から、原子物理学に至るまで幅広い知識の知見を絵画に導入していくエネルギーとパワーに圧倒されました。

私も「ダリ展」を見た感想とダリが作品を制作した意図とダリの芸術の魅力等について考察してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。

Commented by karumian at 2016-11-28 16:17
>desaire_sanさま、コメントありがとうございます。
展覧会を感覚的に見ていて、きれい、好きという具合で。
なかなか説明を書けていません。
ゆっくり、ブログを見せていただきます。
<< 1979年。 雅楽演奏会。 >>