<< 8月15日の思い出。 さいたま市花火大会。 >>

オシロイバナ。

オシロイバナ、今はもう忘れられている花のような気がする。
いつ花が開くか、ご存知ない方が多いでしょう。
英語では、four o'clock(つまり午後4時)と呼ばれ、夕方に咲き、
翌朝日が高くなるころにしぼむ。
e0086881_22405998.jpg

                     夕方咲いたところ↑
e0086881_22412632.jpg

                     翌朝だんだんしぼむ
e0086881_22413858.jpg


毎年こぼれ種で出てくるのかと思っていたら、
暖地では、根が芋状に残っていて、毎年でてくるらしい。
カンナ、鳳仙花、百日草などとともに、夏を彩るちょっとレトロな花の気がする。
[PR]
by karumian | 2006-08-14 22:49 | 植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://someiroiro.exblog.jp/tb/3988974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 8月15日の思い出。 さいたま市花火大会。 >>