<< 歴博に。 鈴木道夫 藍染展 >>

熊野染。

京都で、中村ちんぎれやに行く。
随分昔にがま口を買ったことがある。たぶん500円だった。

まず最初に目に付いたのが、綿の汗はじき、
白地に藍の板締めで、造り酒屋の紋がいろいろ。
板締めで藍というのが珍しい。
ご主人が「型の送りが分からない。」と言っていた。
お願いして、写真を撮らせてもらえばよかった。

このがま口ポーチが気に入ってしまった。
「くまのぞめ」と教えてもらう。クマノゾメ?
備前(岡山県)の熊野染、型染め。時代は明治。
骨董市で見かけたことがあったが、名前は知らなかった。
e0086881_2143522.jpg

ハギレも見つけ、お買い上げ。
茶色は顔料か。
e0086881_2148365.jpg

[PR]
by karumian | 2008-10-18 22:03 | 布関係 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://someiroiro.exblog.jp/tb/8780856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 歴博に。 鈴木道夫 藍染展 >>