川越 はるり銀花で。

川越のはるり銀花に、「堂前守人(陶)&今村知佐(ガラス) 白つめ草を摘みに・・・」を見に行った。
堂前さんは、はこだて工芸舎の代表取締役。
2004年9月と2007年6月に展示会でお世話になっています。
あれから10年経ってしまったのですね。

白つめ草とコクワの箸置き。かわいいのでいただきました。
e0086881_17300595.jpg

姉妹店の はるりkinumoで、見つけたボーンのフクロウのブローチ。
インパクトの強さに一目ぼれ。シンプルなデザインでちゃんとフクロウに見える。
e0086881_17291782.jpg
そしてランチに、中正屋(なかしょうや)で胡麻だれせいろを食べた。
お蕎麦が細くて上品、量も上品、胡麻だれの味も好みでとっても美味しかった。
もう少し食べたかった。
今度は、中正膳を食べてみたい。
e0086881_17304854.jpg




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



[PR]
# by karumian | 2017-04-23 17:43 | イベント | Trackback | Comments(0)

いちあん。

15日にみどりのクラフトに行った。
3回目で、大分人気で入場するまで少し並んだ。
入るとすぐに、買いたかったパン屋の行列に並ぶ、30分以上並んだが、
パンは直前の人で、売り切れた。
買えるか、買えないかで並ぶのはつらい!
一人あたりの個数を制限するとか、何か方法はないのかな。
「数に限りがあり、売り切れ次第終了となります。予めご了承ください。」と書いてあるのも重々承知だが。

それで、所沢のいちあんでランチをする。
e0086881_22512057.jpg
パンプレート、のらぼうのスープ、8種類のパン、サラダ、鶏ハム?あんことクリーム。
いろんなパンが楽しめた。
あんぱんもあったので、あんこはいらないかな?
パンは、軽めでしっかりしていた。
カフェオレを飲んだら、お腹いっぱいになった。

e0086881_22513669.jpg
買ったパン。





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


[PR]
# by karumian | 2017-04-17 22:58 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

アイヌ刺繍。

吉祥寺のスワラジ工房のアイヌ刺繍ワークショップに参加した。
榎本真喜子さんが、自家焙煎をしたコーヒーを飲みながら、
リラックスしてアイヌ刺繍をした。
e0086881_17544223.jpg
ホーロー製のトルココーヒー用のカップ置き?
床に座って作業をしているので、コーヒーをこぼして布を汚さないように。
赤、青、黄の3色あった。
e0086881_17532389.jpg
真喜子さんの縫いのサンプル。
好きな図案を選んで、チャコペーパーで布に写し、縫い始める。
縫い始め、とがったところに棘をつける。
e0086881_17531334.jpg


私はタイの手織り綿で白地。みなさんは、先生の持ってきた藍色の布。

e0086881_17533482.jpg
真喜子さんのお人柄、和やかにおしゃべりをしながら、楽しい時間を過ごせた。
アイヌ刺繍は、つながり流れ、刺す順番が大切らしい。
この続きを教えて、いただきたいな。





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


[PR]
# by karumian | 2017-04-13 18:08 | 布関係 | Trackback | Comments(0)

石戸の蒲桜。

雨の中、石戸の蒲桜を見に行った。
二代目らしいけど、大きな桜。
e0086881_21535786.jpg
e0086881_21540935.jpg
e0086881_21543567.jpg
e0086881_21542104.jpg
帰りに、うどん水織で北本のB級グルメ、トマトカレーを食べた。
トマトの味がしっかりしていて美味しかった。
お値段もお手頃。
e0086881_21544680.jpg




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
# by karumian | 2017-04-09 22:05 | 植物 | Trackback | Comments(0)

違う存在感。

2か月前に買ったラナンキュラス。
花びらが、薄紙細工のように見えてきた。

e0086881_13472325.jpg
e0086881_13475149.jpg





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
# by karumian | 2017-04-06 13:51 | 植物 | Trackback | Comments(0)

メゾンイチ。

メゾンイチのおまかせプレート。肉系がたくさん。
白い丸い器は、根セロリのマヨネーズあえ、ほとんどセロリの味はせず、
水分の少ない大根のよう?
キッシュはふわふわ、みんな美味しかった。
e0086881_23171546.jpg

e0086881_23175351.jpg
パンもあたたかくて、おかわりもして美味しかった。
主人曰く、「パンはみんなハード系だね。」
食事後、近くの旧朝倉家住宅をお散歩。
e0086881_23173892.jpg





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
# by karumian | 2017-04-03 23:36 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

枝垂桜。

e0086881_19200179.jpg
浦和の玉蔵院の枝垂桜。
今が見頃。
いつも桜が咲くときは、花冷えだけど、今年は寒過ぎでは。





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
# by karumian | 2017-03-29 19:23 | 植物 | Trackback | Comments(0)

グリドン。

津田沼のグリドン
土曜日の午後であまり種類がなかった。
グリドンパンとフィグ。
フィグは、切り口にいちじくが見えなかった。いちじくの量が少ないのかな?
きめが細かいパン。

e0086881_23084731.jpg
Timokeのバインミーのインド版とチャイ。
e0086881_23083808.jpg
ブラウンマッシュルームの食感が面白い、野菜だけでも満足感あり。
パンが美味しかった。
スパイスが少し強かったので、チャイがたくさん飲みたかった。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
# by karumian | 2017-03-28 23:23 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

優先席 @京成バス。

千葉県の津田沼駅から、京成バスに乗った。
e0086881_22013356.jpg
あっ!あのシートに似ている!
人がいなくなったら写真を撮りたい。
e0086881_22014590.jpg
カラフル優先席マーク。
往きのバスも帰りのバスも同じシートだった。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
# by karumian | 2017-03-25 22:09 | 日々の小事 | Trackback | Comments(2)

これぞ暁斎!展。

Bunkamuraザ・ミュージアムの「ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展
ブロガー特別内覧会に参加した。

河鍋暁斎(かわなべ きょうさい)(1831~1889)は、
時代が大きく揺れ動いた幕末から明治期を生きた絵師です。
幼い頃に浮世絵の歌川国芳に入門したのちに、狩野派に学び19歳の若さで修業を終え、
さらに流派に捉われずに様々な画法を習得しました。
仏画から戯画まで幅広い画題を、ときに独特のユーモアを交えながら、
圧倒的な画力によって描き上げた暁斎。
本展は、世界屈指の暁斎コレクションと知られるイスラエル・ゴールドマン氏所蔵の作品によって、
多岐にわたる暁斎作品の全体像を示します。
            チラシより

暁斎については、蕨市にある河鍋暁斎記念美術館に随分昔に行ったことがあった。

以下の写真は、特別な許可を得て撮影をしています。
e0086881_16451311.jpg
e0086881_16452604.jpg
鴉(からす)がいっぱいのコーナー。
e0086881_16453410.jpg
百鬼夜行図屏風 明治4-22年
ユーモアで楽しい夜行図。

展示ケースの奥行きが浅く、作品が間近で見られ筆遣いも感じられる。

HPのビジュアルツアーで、会場内の様子もよくわかる。
HPの章解説にも、作品が多く、予習をしてから展覧会に行くと、ばっちりです。

「ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展
開催中 ~4月16日(日)まで
Bunkamuraザ・ミュージアム(渋谷)




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
# by karumian | 2017-03-24 17:31 | イベント | Trackback | Comments(0)