カテゴリ:イベント( 298 )

川越 はるり銀花で。

川越のはるり銀花に、「堂前守人(陶)&今村知佐(ガラス) 白つめ草を摘みに・・・」を見に行った。
堂前さんは、はこだて工芸舎の代表取締役。
2004年9月と2007年6月に展示会でお世話になっています。
あれから10年経ってしまったのですね。

白つめ草とコクワの箸置き。かわいいのでいただきました。
e0086881_17300595.jpg

姉妹店の はるりkinumoで、見つけたボーンのフクロウのブローチ。
インパクトの強さに一目ぼれ。シンプルなデザインでちゃんとフクロウに見える。
e0086881_17291782.jpg
そしてランチに、中正屋(なかしょうや)で胡麻だれせいろを食べた。
お蕎麦が細くて上品、量も上品、胡麻だれの味も好みでとっても美味しかった。
もう少し食べたかった。
今度は、中正膳を食べてみたい。
e0086881_17304854.jpg




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



[PR]
by karumian | 2017-04-23 17:43 | イベント | Trackback | Comments(0)

これぞ暁斎!展。

Bunkamuraザ・ミュージアムの「ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展
ブロガー特別内覧会に参加した。

河鍋暁斎(かわなべ きょうさい)(1831~1889)は、
時代が大きく揺れ動いた幕末から明治期を生きた絵師です。
幼い頃に浮世絵の歌川国芳に入門したのちに、狩野派に学び19歳の若さで修業を終え、
さらに流派に捉われずに様々な画法を習得しました。
仏画から戯画まで幅広い画題を、ときに独特のユーモアを交えながら、
圧倒的な画力によって描き上げた暁斎。
本展は、世界屈指の暁斎コレクションと知られるイスラエル・ゴールドマン氏所蔵の作品によって、
多岐にわたる暁斎作品の全体像を示します。
            チラシより

暁斎については、蕨市にある河鍋暁斎記念美術館に随分昔に行ったことがあった。

以下の写真は、特別な許可を得て撮影をしています。
e0086881_16451311.jpg
e0086881_16452604.jpg
鴉(からす)がいっぱいのコーナー。
e0086881_16453410.jpg
百鬼夜行図屏風 明治4-22年
ユーモアで楽しい夜行図。

展示ケースの奥行きが浅く、作品が間近で見られ筆遣いも感じられる。

HPのビジュアルツアーで、会場内の様子もよくわかる。
HPの章解説にも、作品が多く、予習をしてから展覧会に行くと、ばっちりです。

「ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展
開催中 ~4月16日(日)まで
Bunkamuraザ・ミュージアム(渋谷)




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2017-03-24 17:31 | イベント | Trackback | Comments(0)

ボワフロ。

フローラ黒田園芸のボワフロ。
e0086881_22125492.jpg
e0086881_22131948.jpg
e0086881_22130355.jpg
馬酔木の鉢植え、空木が素敵だった。

e0086881_22133561.jpg
にじわぱんを買っただけ。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2017-03-19 22:24 | イベント | Trackback | Comments(0)

シャセリオー展。

e0086881_15011967.jpg
国立西洋美術館のシャセリオー展(19世紀フランス・ロマン主義の異才)の内覧会に行った。
e0086881_15012826.jpg
上の写真は、展覧会主催者から提供。
今回は展示室内の撮影はNGでした。
カバリュス嬢の背景の壁紙は、バラ色?だったって覚えていなかった。

11歳でアングルに入門を許され、
「この子はやがて絵画界のナポレオンになる」と言わしめた早熟の天才テオドール・シャセリオー(1819-1856)。
ロマン主義の潮流の中で次第に師の古典主義を離れ、抒情と情熱をたたえた独自の作品世界を築いていく。
本展は、37年の短い生涯を駆け抜けたフランス・ロマン主義の異才シャセリオーの芸術を日本ではじめて
   
                                  チラシより

絵画だけでなく、現在オルセー美術館の前身のオルセー駅が建てられる前、1842年に会計検査院の建物があった。
弱冠24歳のシャセリオーは、会計検査院の大階段を飾る壁画制作の注文を受ける。
1871年のパリ=コミューンで焼かれ、大きな損傷受けた、その写真も展示されている。
シャセリオーが、長生きをしていたら、もっといろんな仕事をしただろうと思う。

シャセリオー展 19世紀フランス・ロマン主義の異才
2017年2月28日(火)-5月28日(日)
開館時間 9:30~17:30 (金曜日は~20:00)入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(ただし3月20日、3月27日、5月1日は開館)3月21日(火)
国立西洋美術館




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2017-02-28 15:39 | イベント | Trackback | Comments(2)

端裂&反物市2017。

真木テキスタイルの新春恒例ハギレ市
めずらしく初日に参戦。
新郎のラケッシュくんの焼く雑穀入りチャパティー。
e0086881_15500784.jpg

スパイシーなジャガイモカレーと。
忙しいとのことでチャイがセットになっていなくて残念。

e0086881_15504285.jpg
食事を終えて、ぱるばさんの映像トーク「インドの華燭の典」。
e0086881_15502548.jpg
ganga旧工房でのラケッシュくん(新郎)側の儀式、宴会を中心に。
上の写真は、ぱるばさん撮影の画像より。
右下の黒い線は、ぱるばさんの差し棒。
花嫁が一生に一度するメヘンディ、新郎の姉妹、従妹のメヘンディなど。
楽しいお話を聞かせていただいた。
ラケッシュくん、お幸せに。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


[PR]
by karumian | 2017-01-08 16:16 | イベント | Trackback | Comments(0)

十日町。

e0086881_23013916.jpg
e0086881_23014745.jpg
2012年からしばらく行っていなかった武蔵一ノ宮氷川神社の十日町。
下の写真は、古い熊手の奉納場所、立派な熊手がたくさん、
毎年買い替えるのかな?




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2016-12-10 23:13 | イベント | Trackback | Comments(0)

寺村祐子 染織展。

寺村祐子先生の展示会。銀座のギャラリーおかりやで。
3年振りの展示会だそうです。
e0086881_22361702.jpg
右側手前は、ウメノキゴケ、マツゲゴケをシルクスカーフに染めたもの。
e0086881_22364155.jpg
e0086881_22362852.jpg
先生もお元気そうで、染織の大先輩として展示会を続けていただけるのはうれしいです。

寺村祐子 染織展 2016年11月16日(水)~21日(月)
11:00~19:00 (最終日17:00)
タペストリー・服地・カシミアマフラーなど
ギャラリーおかりや 中央区銀座4-3-5 銀座AHビル B2F
TEL 03-3535-5321




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2016-11-16 22:55 | イベント | Trackback | Comments(0)

東博 「禅―心をかたちに―」展。

8日に東博の「禅―心をかたちに―」展の後期の夜間特別内覧会に行った。

と意識して見ていなかったものが、として少しつながって見えるようになった。
以下の写真は、博物館より特別の許可をいただきました。

いきなり、入口に迫力の白隠の達磨像(大分・萬壽寺)がお出迎え。
e0086881_22375107.jpg

北条時頼坐像(13世紀 神奈川・建長寺)
横向き、烏帽子?の位置が面白い。
e0086881_22385666.jpg
e0086881_22391993.jpg
一休さんの書。一休宗純墨蹟のうち 七仏通戒偈(15世紀 京都・真珠庵)
e0086881_22380566.jpg
e0086881_22382221.jpg
障壁画のたくさんで華やか。

HPには、禅がZENZENわからない人のための部屋などもあって、
禅がわかりやすく書いてある。
会期は、11月27日まで、あっという間に終わってしまうので、見に行ってみてはいかが。

特別展 臨済禅師1150年 白隠禅師250年遠諱記念 禅―心をかたちに―
2016年10月18日(火)~11月27日(日)
開館時間●9:30~17:00 金曜日は20:00まで 入館は、閉館の30分前まで
休館日● 月曜日
東京国立博物館 平成館





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





[PR]
by karumian | 2016-11-10 22:15 | イベント | Trackback | Comments(0)

息をする花。

さいたまトリエンナーレ
彩の国さいたま芸術劇場のロトンダにある、チェ・ジョンファの「息をする花」。
動いている。
e0086881_21532855.jpg
e0086881_21531798.jpg
よくわからないけど、さいたまトリエンナーレ、始まっています。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2016-10-20 22:03 | イベント | Trackback | Comments(0)

那須廣子さん展示会。

e0086881_21230782.jpg
バッグ、いろんな素材のお洋服が楽しみ!



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2016-10-13 21:28 | イベント | Trackback | Comments(0)