「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:イベント( 294 )

端裂&反物市2017。

真木テキスタイルの新春恒例ハギレ市
めずらしく初日に参戦。
新郎のラケッシュくんの焼く雑穀入りチャパティー。
e0086881_15500784.jpg

スパイシーなジャガイモカレーと。
忙しいとのことでチャイがセットになっていなくて残念。

e0086881_15504285.jpg
食事を終えて、ぱるばさんの映像トーク「インドの華燭の典」。
e0086881_15502548.jpg
ganga旧工房でのラケッシュくん(新郎)側の儀式、宴会を中心に。
上の写真は、ぱるばさん撮影の画像より。
右下の黒い線は、ぱるばさんの差し棒。
花嫁が一生に一度するメヘンディ、新郎の姉妹、従妹のメヘンディなど。
楽しいお話を聞かせていただいた。
ラケッシュくん、お幸せに。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


[PR]
by karumian | 2017-01-08 16:16 | イベント | Trackback | Comments(0)

十日町。

e0086881_23013916.jpg
e0086881_23014745.jpg
2012年からしばらく行っていなかった武蔵一ノ宮氷川神社の十日町。
下の写真は、古い熊手の奉納場所、立派な熊手がたくさん、
毎年買い替えるのかな?




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2016-12-10 23:13 | イベント | Trackback | Comments(0)

寺村祐子 染織展。

寺村祐子先生の展示会。銀座のギャラリーおかりやで。
3年振りの展示会だそうです。
e0086881_22361702.jpg
右側手前は、ウメノキゴケ、マツゲゴケをシルクスカーフに染めたもの。
e0086881_22364155.jpg
e0086881_22362852.jpg
先生もお元気そうで、染織の大先輩として展示会を続けていただけるのはうれしいです。

寺村祐子 染織展 2016年11月16日(水)~21日(月)
11:00~19:00 (最終日17:00)
タペストリー・服地・カシミアマフラーなど
ギャラリーおかりや 中央区銀座4-3-5 銀座AHビル B2F
TEL 03-3535-5321




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2016-11-16 22:55 | イベント | Trackback | Comments(0)

東博 「禅―心をかたちに―」展。

8日に東博の「禅―心をかたちに―」展の後期の夜間特別内覧会に行った。

と意識して見ていなかったものが、として少しつながって見えるようになった。
以下の写真は、博物館より特別の許可をいただきました。

いきなり、入口に迫力の白隠の達磨像(大分・萬壽寺)がお出迎え。
e0086881_22375107.jpg

北条時頼坐像(13世紀 神奈川・建長寺)
横向き、烏帽子?の位置が面白い。
e0086881_22385666.jpg
e0086881_22391993.jpg
一休さんの書。一休宗純墨蹟のうち 七仏通戒偈(15世紀 京都・真珠庵)
e0086881_22380566.jpg
e0086881_22382221.jpg
障壁画のたくさんで華やか。

HPには、禅がZENZENわからない人のための部屋などもあって、
禅がわかりやすく書いてある。
会期は、11月27日まで、あっという間に終わってしまうので、見に行ってみてはいかが。

特別展 臨済禅師1150年 白隠禅師250年遠諱記念 禅―心をかたちに―
2016年10月18日(火)~11月27日(日)
開館時間●9:30~17:00 金曜日は20:00まで 入館は、閉館の30分前まで
休館日● 月曜日
東京国立博物館 平成館





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





[PR]
by karumian | 2016-11-10 22:15 | イベント | Trackback | Comments(0)

息をする花。

さいたまトリエンナーレ
彩の国さいたま芸術劇場のロトンダにある、チェ・ジョンファの「息をする花」。
動いている。
e0086881_21532855.jpg
e0086881_21531798.jpg
よくわからないけど、さいたまトリエンナーレ、始まっています。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2016-10-20 22:03 | イベント | Trackback | Comments(0)

那須廣子さん展示会。

e0086881_21230782.jpg
バッグ、いろんな素材のお洋服が楽しみ!



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2016-10-13 21:28 | イベント | Trackback | Comments(0)

サロンクバヤ。

松濤美術館の「サロンクバヤ シンガポール 麗しのスタイル」
上衣(クバヤ)・・レースや刺繍がきれいなブラウス
腰衣(サロン)
e0086881_17143489.jpg

インド更紗のローブ。
e0086881_17144254.jpg

こちらにプラナカン文化について 
「クバヤ」が「ケバヤ」になっている。
ブラウスを止める三連のブローチは、ダイアモンドも使っていてとてもゴージャス。

60歳以上は、区民以外でも割引料金になっている。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2016-08-04 17:26 | イベント | Trackback | Comments(0)

観音の里の祈りとくらし展Ⅱ 内覧会。

7月4日 東京藝術大学大学美術館
「観音の里の祈りとくらし展Ⅱ―びわ湖・長浜ののホトケたち―」の内覧会に参加した。

私は湖北の観音像というと、まず向源寺の国宝十一面観音立像が思い浮かぶ。


今回の展示は、日本屈指の観音の里・長浜から40躰以上の仏像が一堂に会する。
村のホトケは、中世以降は、「惣村」と呼ばれた村落共同体の中で守り継がれ、
現代の自治会へと受け継がれている。
長浜では、観音信仰が日常生活の中に満ちている。
中世以来、現在まで存続する村や自治会によって守られてきたが、
現在地域の過疎化によりホトケを守ることが非常に困難になっている。
今回の展示では、村で守り継いできたホトケたちが、日本の中で誇るべきものであることを、
地元の方々に再認識して頂く意味も持っている。
          配布された資料より


会場内の画像は主催者の許可を得て撮影したものです。
e0086881_22252222.jpg

長浜に行っても、一度にまとめて見られることはない。
一か所ずつ連絡して見せていただく。

来現寺 聖観音立像 重要文化財 平安時代 
下半身の衣文のすれた木目がいい感じ。
e0086881_2229429.jpg

観音寺 伝千手観音立像 重要文化財 平安時代
今回初めて厨子を出て、360度ぐるりと見られる。
e0086881_22403546.jpg


村でホトケを守り継いでいくの、とても大変なことがと思うが、
博物館ではなく、出来る限り守り続けて欲しい。

向源寺、戦国時代の秀吉・三成・浅井三姉妹の縁の地、長浜をいつか訪ねてみたい。


*********************************************

「観音の里の祈りとくらし展Ⅱ―びわ湖・長浜ののホトケたち―」

会   期 * 2016年7月5日(火)~8月7日(日)
開館時間 * 10:00~17:00 (金曜日は~20:00) 入館は閉館の30分前まで
休館日   * 月曜日 (ただし7月18日は開館)、7月19日
会   場 * 東京藝術大学大学美術館





*********************************************
[PR]
by karumian | 2016-07-06 23:04 | イベント | Trackback | Comments(0)

メアリー・カサット展 夜間特別鑑賞会。

7月2日に横浜美術館メアリー・カサット展 夜間特別鑑賞会に参加した。
印象派を代表するアメリカ人女性画家(1844~1926)。

35年前、学生時代に新宿の伊勢丹美術館でメアリー・カサット展を見ている。
その時のチケットがあった。
その時のか展覧会ノートを見ると、
「母子像はあたたかくてやさしい感じだが、何か物足りない。」と書いてあった。
この時は、絵の表面的なものしか見ていなかったのかもしれない。
e0086881_23291318.jpg

今回は、企画展担当学芸員の解説を聞き、
時代背景、カサットの人となりがわかり、好きな絵画に人生を懸けているのがわかった。
             
                      

                   会場内の画像は主催者の許可を得て撮影したものです。
e0086881_23554729.jpg

版画家としてもすぐれていたこと知らなかった。
ドライポイントの素早い線、アクアチントによる光の表現、
近代版画の傑作と言われる10点組の多色刷り銅版画全点の展示。(上の写真)
浮世絵などに影響を受けているのがよくわかった。

今回の展示では、デッサン、ドライポイントの母子像が好きだった。


メアリー・カサット展
会場    横浜美術館
会期    2016年6月25日(土)~9月11日(日)
開館時間 10:00~18:00  *9月2日(金)は20:30まで開館
休館日   木曜休館(ただし8月11日は開館)





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2016-07-05 00:24 | イベント | Trackback(1) | Comments(0)

福田明子さん、グループ展。

ガラス+藍+ジュエリー展
4月23日(土)~5月9日(月) 10:00~18:00 会期中無休

あしたば硝子工房 安本善博 東山千昭
藍染         福田明子
もりのわ工房   渡邊保男 渡邊仁芳子

ひよし さいたま市岩槻区原町7-25 TEL 048-756-3868
     東武野田線岩槻駅下車 徒歩18分
e0086881_21203347.jpg

e0086881_21255741.jpg

e0086881_21264851.jpg
e0086881_21265666.jpg

パラジウム合金の銀にガラスを付けた指輪。もりのわ工房のご夫婦の合作。
ころっとしたフォルムに惚れて買ってしまった。
e0086881_21281527.jpg

今回は、福田さんと話し込んだり、
もりのわ工房の仁芳子(にわこ)さんに、ガラスの技法を教えていたいただいたりで、
写真があまり撮れていなかった。
仁芳子さんのガラスも、写真にうまく撮れなかった。

福田さんの素敵なブラウスもたくさん、ストールも。

ひよしは、居心地がよくていつも長居をしていまう。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2016-04-24 21:46 | イベント | Trackback | Comments(0)