カテゴリ:旅行( 96 )

美ら海水族館。

e0086881_22271057.jpg
e0086881_22272747.jpg
美ら海水族館の近くのホテルに泊まったので、あさいちで8:30に行く。
10:00からのプログラム、大水槽を真上から見学。
ジンベイザメが上から見える。
e0086881_22281236.jpg
開館前に記念撮影、のせられて。
e0086881_22291382.jpg
水族館の外のオキちゃん劇場のイルカショーも楽しかった。
プールの後ろに伊江島が見える。
e0086881_22282508.jpg





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2017-01-14 22:41 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

沖縄の門松。

門松は、本土から来たものでらしく、あまり変化がなかった。
泊まったリゾートホテル、竹に松、梅の枝、花は造花。
e0086881_17553164.jpg

古宇利オーシャンターワー。後ろのハイビスカスが沖縄らしい。
e0086881_17554366.jpg

那覇のホテル。ピンボケ。
葉牡丹、赤い実があって私としては理想的。
e0086881_17561266.jpg


那覇の街中のお店。黄色の花が生花。
e0086881_17562396.jpg

泊まったリゾートホテルのロビー。
e0086881_17555342.jpg




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2017-01-06 18:11 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

沖縄の正月飾り。

沖縄に行って来ました。
おんな(恩納)の駅 なかゆくい市場に売っていた、注連飾り。
みかんに昆布を巻いた炭がついていた。648円。買って帰ろうか悩んだ。
e0086881_22352983.jpg

古宇利(こうり)オーシャンタワーに飾ってあった。
e0086881_22354114.jpg

滞在したリゾートホテルの門松と注連飾り。
e0086881_22360181.jpg
注連飾りの部分、みかんに炭はついている。
e0086881_22361045.jpg

名護市の大家(うふや)。
e0086881_22355096.jpg

東村ふれあいヒルギ公園の事務所。
小さい門松、松は沖縄の松なのかな?
e0086881_22390710.jpg




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



[PR]
by karumian | 2017-01-04 23:03 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

飛行機から富士山。

e0086881_13472991.jpg
e0086881_13474393.jpg
山梨側から、駿河湾?方面が見える。
韓の国に向かう飛行機の中から、富士山がきれいに見えてしあわせ。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2016-12-09 13:57 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

箱根 岡田美術館。

岡田美術館
2013年10月に開館。箱根の小涌谷に明治時代にあったホテル「開化亭」の跡地に5階建て。
正面に日本画家福井江太郎の巨大壁画「風・刻(かぜ・とき)」を見ながら足湯に浸かれる。

11月24日に降った雪が残っていて、庭園を見ることはできなかった。(26日訪問)

e0086881_22401994.jpg
e0086881_22404561.jpg
入館料2800円って…、高いと思っていたが、
収蔵品は、近世・近代の日本画と、東アジアの(日本・中国・韓国)の陶磁器。
名品と言われるものばかりで、審美眼と資金がすごい?
充分来る価値があると思う。

企画展の「若冲と蕪村―江戸時代の画家たち」も、すべて岡田美術館の収蔵品というのもすごい。

e0086881_22405665.jpg
箱根登山ケーブルカー、対向車とすれ違う。
右下の黒いものは、運転手さんの帽子。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2016-12-02 23:15 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

善通寺と高松空港の門松。

2015門松 その四。

㉓香川県 善通寺。松がもじゃ系。
e0086881_2255199.jpg

㉔善通寺 注連飾り?
e0086881_22565442.jpg

㉕高松空港 葉牡丹が紫のみ。南天の実が豪華。松がもじゃ系。
e0086881_2259152.jpg

㉖ ㉕の対、葉牡丹が白のみ。
e0086881_2311240.jpg

㉗高松空港 注連飾り。
e0086881_2322851.jpg





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2016-01-17 23:04 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

琴平の門松。

2015門松 その三。

⑮瀬戸大橋 与島パーキングエリア。松の枝ぶりが立派。銀色の柳。
e0086881_2261129.jpg

⑯丸亀城。
e0086881_2273140.jpg

⑰琴平の泊まった旅館。竹の長さがほとんど同じ、太い梅の枝。銀色の柳。
e0086881_22101242.jpg

⑱琴平のホテル。松が後光のよう。
e0086881_22122562.jpg

⑲琴平のお菓子屋。竹が2本。
e0086881_22142243.jpg

⑳金比羅宮。
e0086881_22192047.jpg

㉒泊まった旅館のフロントのお供え餅。串柿、するめもはさんでいる。
e0086881_22221438.jpg





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2016-01-16 22:23 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

倉敷の門松。

2015門松 その二。

倉敷の街は、30年前と違って駅前から大きな通りになっていた。
やっぱり美観地区には、門松がたくさんあった。

⑥倉敷で泊まったビジネスホテル。梅の枝が太い、竹の切り口が大きい。
竹が棕櫚縄で結んである。
e0086881_2242299.jpg

⑦居酒屋。松がもじゃ系、カサブランカ、スターチス、竹が1本?
e0086881_2247023.jpg

⑧写真館。
e0086881_2248213.jpg

⑨うなぎ屋。
e0086881_22495723.jpg

⑩アイビースクエア。梅枝太い、土台が小さい。
e0086881_22515780.jpg

⑪南天と千両の実。
e0086881_22525545.jpg

⑫民藝館。注連飾り。
e0086881_2255521.jpg

⑬旅館。松もじゃ系、くまざさ。
e0086881_22572999.jpg





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2016-01-15 22:58 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

尾道としまなみ海道の門松。

2015門松 その一。

年末の旅行、どんな門松が見られるか楽しみに行った。
尾道の駅を降りて、商店街を歩くが、門松の字も見つからない。

①やっとちりめんのお店の前にあった。
e0086881_2229362.jpg

②尾道で泊まったホテル。①も3本の竹の長さ、橙の位置向きが特徴的。
e0086881_2230327.jpg

③生口島(いくちじま)の平山郁夫美術館。リボン結びの縄。
e0086881_2235507.jpg

④大三島(おおみじま)の道の駅。竹の切り口が大きい、松がもじゃもじゃ。
e0086881_22373230.jpg

⑤大三島の大山祇神社(おおやまつみじんじゃ)の松飾?年中あるのかな?
e0086881_22402040.jpg





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2016-01-14 22:43 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

関東の門松の基本?

e0086881_22335166.jpg

私がよく見かける門松は、ワラでくるんだ土台に、
松の部分、孟宗竹のような太い斜めに切った竹が3本、が基本。
それに梅の枝、しめ飾りが付くものも。
大宮高島屋。

去年の年末に、尾道(広島)倉敷(岡山)琴平(香川)方面に旅行して来ました。
関東の門松を踏まえて、紹介していきます。
e0086881_22424085.jpg

往きの新幹線から、富士山がよく見えてラッキー。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2016-01-06 22:45 | 旅行 | Trackback | Comments(2)