カテゴリ:布関係( 154 )

石宙善紀念博物館。

今回のソウル旅行の目的の一つ、檀国大学校の石宙善紀念博物館。

2005年に韓国、韓山モシ文化祭に行った後、檀国大学校の石宙善紀念博物館に行った。
その時は、ソウル市内にあった。
2009年4月に ソウル郊外、竜仁市水枝区竹田洞に移転。
HPを英語で見て、開館日、アクセスなどを一生懸命、行く準備をした。

ソウルの中心地から地下鉄で1時間、大学の無料シャトルバスに乗って10分。
必死の思いで何とかたどりついた。
e0086881_23023151.jpg
e0086881_23031596.jpg
この虎さんは、以前の博物館にもいました。
置いてあった博物館案内は、中国語。
e0086881_23012569.jpg
博物館は民族衣装館、考古学館からなっている。

どこの誰か分かる人のお墓から出土した17世紀、18世紀の衣服。
色は、薄茶色になってしまっているが、服の形がしっかり残っている。
日本で土葬してしまうと、多湿で繊維はボロボロになってしまうと思うので、
どういう状態で棺に入っていたのかが不思議。

博物館の図録が展示してあって、博物館の方に、図録を見て選んで買いたいとなんとか伝え、
校内の本屋に電話してもらい、在庫があるか調べてもらった。
本屋の名前、図録の名前を書いてもらい、学生さんに本屋に連れて行ってもらった。
みなさんに親切にしていただきました。

博物館に行って、図録を買うという目標を達することができた。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


[PR]
by karumian | 2016-12-14 00:06 | 布関係 | Trackback | Comments(0)

コロンビアのアルワコ族バッグ。

e0086881_23125942.jpg
e0086881_23130882.jpg
e0086881_23131708.jpg
コロンビアのアルワコ族、羊毛手紡ぎ、絡め編み袋 肩紐:ループ操作平組紐




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2016-11-04 23:18 | 布関係 | Trackback | Comments(0)

東袋、刺し子バージョン。

e0086881_21154280.jpg
e0086881_21151357.jpg
刺し子の仕事着をほどいて、東袋にした。
2枚の絣布を細かい縫い目で挿してある。
川越のはるり銀花に納品しました。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by karumian | 2016-09-19 21:39 | 布関係 | Trackback | Comments(0)

フランスの更紗手帖。

Bunkamuraザ・ミュージアムの西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展を見て、染め方などもう少し知りたいと思った。
e0086881_1765561.jpg

それで、 「フランスの更紗手帖」 猫沢エミ著 パイ インンターナショナル2300円+税を買った。
e0086881_1711636.jpg

ただいま、本を読んでいます。

西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展は、郡山市立美術館に巡回中。
9月11日(日)まで。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2016-08-10 17:23 | 布関係 | Trackback | Comments(0)

今年も。

買っていただいたタペストリーを飾った写真を送っていただきました。
太い梁、吹き抜けの空間て、すてきです。
e0086881_13442694.jpg
e0086881_13443982.jpg






+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2016-06-06 13:48 | 布関係 | Trackback | Comments(0)

間仕切り。

e0086881_2312222.jpg
e0086881_2313064.jpg

古布の麻を染めた間仕切り。
蚊帳布のように布目が粗いので、透け具合もいい感じです。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2016-05-13 23:05 | 布関係 | Trackback | Comments(0)

江戸期の幟旗の魅力。

大宮郷土史研究会主催の「江戸期の幟旗の魅力」。
北村勝史さんのお話を聞きに行った。
こんな近くで、たくさんの幟旗が見られた。
e0086881_23101729.jpg

紙の大きな鍾馗様と小鬼。
遠くから見ていたら、布かと思った。
e0086881_23135540.jpg

私はこれが好き。
大きな波と跳躍力のあるうさぎ。
両方とも闘争心の象徴だそうだ。
e0086881_2316346.jpg

女子美で見たときとも、違う幟の選択で楽しかった。
紙ものが多く、紅花で染めた絹の五輪塔が素敵だった。
3か月前に入手したものもあり、北村コレクションは、まだまだ更新されている。
2018年海外の展示会予定もあるそうで、ますますのご活躍を応援します。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2015-11-01 23:24 | 布関係 | Trackback | Comments(0)

渋谷のマルナン。

先日、Bunnkamuraの帰り、生地のマルナンが閉店しているのに気が付いた。

調べると、2013年9月に閉店していた。
最近、洋裁をしていないから知らなかった。
狭い店内にぎっしり布があり、人とすれ違うのも大変なくらいだった。
ベテランの男性が布をカットしてくれた。
地下の木綿売り場が好きだった。

子供の頃にも母に連れられて来て、待っているのが退屈で、
マネキンの載っている台に座っていたことを思い出す。
ビルの老朽化など、事情があるんだろうが、とってもさびしい。
洋裁する人が減っているから、仕方がないのか。

布を探すのは、日暮里に行くしかない。
e0086881_17333571.jpg





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2015-10-21 17:35 | 布関係 | Trackback | Comments(0)

麻バッグ。

e0086881_22452670.jpg
e0086881_22454212.jpg

綾織りの苧麻布が手に入ったので、バッグを縫ってみた。





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2015-08-23 22:48 | 布関係 | Trackback | Comments(0)

茶綿とは。

展示会のDMに書いてある「茶綿」とは何?という質問をいただいたので。

私は「ちゃわた」と読んでいますが、「ちゃめん」という人もいます。
綿のコットンボール(花が咲いて実がなってはじけている綿状の物)が、
生成りでなくて茶色の物。
染めていないのにもともと茶色。
収穫量が、普通の綿より少なくて栽培するのが、大変らしいです。
コットンボールには、薄緑もあります。
中には、染めているのに茶綿と言っているのものあるらしいです。

下の写真は、友人にもらった花材の綿。下が茶綿。
e0086881_1885530.jpg

その他のカラーコットン 





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2015-05-13 18:27 | 布関係 | Trackback | Comments(2)