<   2005年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

祝!!ブログ開始1ヶ月。

e0086881_2133561.jpgブログを始めて1ヶ月たちました。
この時期は展覧会が多いし、結構出かけたようで何とかネタが続きました。
これからもよろしくお願いします。

うちの冬は、ホットカーペットから始まり、こたつ、ファンヒーターと使っていきます。
今は、ホットカーペットをつけて、こたつ(電源は入っていない)に入っています。
こたつを使うと、掃除がしにくいし、入ってしまうと出られなくなってしまうので、あまり使いたくないのですが。主人が、絶対こたつ党なので使っています。
明日の朝も冷えそうです。
[PR]
by karumian | 2005-10-31 21:49 | 日々の小事 | Trackback | Comments(2)

枇杷の葉染め。

e0086881_1052390.jpgこれは、2年前に枇杷の葉で染めた、絹のスカーフです。
枇杷の葉を、3センチ巾に切りボールに入るだけ入れて煮出します。
結構かさばるのであまりはいりません。
3回煮出します。
写真のように、赤っぽい色を出したい時は、煮出した液を3日くらい置いておく。
すぐ染めると、茶色っぽく染まります。
写真の白に近い所は、無媒染、一番ピンクに近くてかわいい色。
そのとなり、ミョウバン媒染、右端は鉄媒染。

うちの枇杷の木は、8年前よそのうちの種を拾ってきて種を蒔きました。あっという間に、2階にとどく高さになってしまいました。
e0086881_11241662.jpg去年初めて花が咲き、今年小さい実がなりました。甘かったです。
今年も、蕾がいっぱいついています。花が咲いたら、写真アップします。

枇杷は、葉をお茶にしたり、お灸にしたり、種を食べたり、薬効いっぱい。
蒔いた種が、全部芽がでるくらい生命力が強いです。
[PR]
by karumian | 2005-10-30 11:34 | 染め | Trackback | Comments(0)

赤蕪漬け。

e0086881_915247.jpgこの頃、近くの八百屋に赤蕪(青森・埼玉産が多い)が出始めました。
直径15センチくらい、平べったくて、葉を取った状態で売っています。

まず、皮をむき、薄く切り塩をして重石をして一晩おく。
まだ、蕪の中は白い。(写真1)

e0086881_9183876.jpg←写真1    写真2e0086881_9185945.jpg










上がった水を絞る、甘酢に漬ける。二日くらい置くと中まで真っ赤に漬かる。(写真2)
甘酢を入れると、赤紫色から赤く変化する。
この写真は、あまり真っ赤ではないが、もっと濃い赤になる時もある。
着色料をつけない自然の色でこんなにきれいな色になる。

蕪独特の歯ごたえで、おいしいです。
甘酢が甘すぎたり、しょっぱかったりしてもご愛嬌。
これも我が家の秋の味?
[PR]
by karumian | 2005-10-29 09:42 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

友へ。

突然、あなたがいなくなってから2年が過ぎてしまった。

みんなは、あなたがいないことを認めようとしなかった。
わたしも、ひょっこり、あなたが現れるのを心のどこかで期待している。

もし、あの世と言う所があって、わたしも行く日が来て、あなたに会えるなら。
わたしは、精一杯好きなことをしたよ。と言えるよう、今をきちんと生きようと思う。 

e0086881_0142367.jpg
                         サクラタデ
[PR]
by karumian | 2005-10-28 00:16 | Trackback | Comments(2)

ワインの栓が開かない!!

うちの近くのデパートの中のお店で、500円のワインを買いました。
プルーンの赤ワイン煮を作ろうと思って。ねじ式のオープナーで主人に開けてもらおうと、ねじは栓の中に入っているのですが、引っ張ってもびくとも動きません。主人はかなりの腕力の持ち主です。
見ると、栓はコルクでなく、プラスチックのようで白い物でした。コルクのように浸み込むとも思いませんが、1日ビンを横に寝かせて見ました。
翌日、特別な開け方があるのか聞くために、買ったお店に電話をしました。
「持ってきていただけば、交換か、開けるかします。」 もう1度主人に開くかどうかやってもらいましたが、開きませんでした。
買ってから2日後、仕方がないので、重かったけど、オープナーを付けたまま、お店に持って行きました。年配の男の店員が出てきて、(たぶん裏で開けようとしたができなかった)「交換します。」と言う。「交換しても開かなければ困る。」と言うと、「返金させていただきます。」と、やっと、一件落着しました。
こんなことに時間をかけてる私って・・・。単なる暇人?
どこの国のワインだったか、銘柄だったか、写真を撮っておけばよかった!!
[PR]
by karumian | 2005-10-27 12:14 | 日々の小事 | Trackback | Comments(0)

津田千枝子さんの個展。

e0086881_17153289.jpg
matiere 津田千枝子
2005.11/1(火)~7(月)
正午~7:00PM

洋の仕事
ギャラリー・クックラボCOMO

和の仕事
青山 八木

味わい深い手織布の表情をなにより大切にした、独創の型染め。
津田さんの、2つの仕事を2つの会場に展示します。・・・案内状より

ムガ蚕、エリ蚕、タッサーシルクなどの野蚕に、やさしい色、洗練されたデザインで、これが型染め?と思います。いつも新しい素材にチャレンジされているので、今度はどんな表情が見えてくるのか楽しみです。
和の仕事では、津田さんの帯がどんな着物と展示されるのでしょうか。
[PR]
by karumian | 2005-10-26 17:49 | イベント | Trackback | Comments(0)

花ごよみ種ごよみ。

e0086881_21364574.jpg数年前、本屋で見つけて思わず買ってしまった本です。私の大好きなカラスウリ、いろんな花や種が出ていて感激しました。
1ミリ以下の種は撮影が大変?普通のカメラじゃないのでしょうか。
種の造形の面白さ、人が作るねじなどのパーツは、自然の形からとったのではないかと思います。


午前中ラジオから、アルバート・ハモンドの「落ち葉のコンチェルト」が流れてきました。
長野に住んでいた中学生の頃、流行っていた曲です。この曲を聞くと、めいっぱい秋って感じで、もの悲しくなります。しばし、浸ってしまいました。
[PR]
by karumian | 2005-10-25 21:54 | 植物 | Trackback | Comments(0)

カラスウリを採りに。

きのう、うちから車で1時間くらいの北本自然観察公園に行きました。有名な石戸蒲桜の近くです。雑木林や湿地が余り手を入れていない状態です。
e0086881_15522110.jpge0086881_15523949.jpg
  







     
    ゴンズイの実?↑
      
4個固まったカラスウリとアオツヅラフジの実↑
e0086881_161311.jpg
        スズメウリ、実の大きさは1センチ↑

毎年この時期になると、カラスウリが欲しくなります。採ってきて何をするわけでもないですが。
かわいい形色が好きです。前は、うちの近くでもよそのお宅の垣根に絡まっていましたが。
コウヤボウキ、オケラという花も始めて見ました。暗くてピンボケでした。
[PR]
by karumian | 2005-10-24 16:15 | 植物 | Trackback(1) | Comments(0)

東京国立博物館の宣伝。

きのう南青山に行く前に、上野の東京国立博物館に行きました。e0086881_21291268.jpg東博も独立行政法人になってから、企画展も面白くなったし、展示も明るく見やすくなりました。
「伊万里・京焼」展は、珍しく表慶館でありました。表慶館というと、地味に考古学関係の常設というイメージでしたが。
古伊万里の兎の染付け、古九谷様、柿右衛門様、色鍋島、仁清、乾山など代表的名品ばかりで華やかでした。

それから、本館も早送りで見ました。じっくり見ていると、1日あっても足りないくらい、平設展もボリュームと内容が濃いです。
私が興味を持ったのは、「保存と修理」で明治時代のアイヌの衣服の修理の工程が見られたことです。「修理しすぎない修理」と言う言葉が印象的でした。
e0086881_22211340.jpg
         桂の木が黄葉し始めていました。→

10/25~12/4は、「北斎」展もあり、ますます東博から目が離せません。
と言うことで、私は、パスポートを作ってしまいました。3000円。作った日から1年間有効。東京・京都・奈良・九州の各国立博物館の平常展が何回でも見られる。特別展を計6回見られる。3回特別展を見ると元が取れます。
法隆寺宝物館も、お勧めです。小さい金銅仏の展示の所が好きです。
東博に対する、思い出・思い入れが強い自分に気が付いてきました。
みなさん、東博に行きましょう!!
[PR]
by karumian | 2005-10-23 22:24 | イベント | Trackback(1) | Comments(0)

片野かほり絞り展。

e0086881_21234578.jpgきょう、南青山のべにや民芸店に「片野かほり絞り展」を見に行きました。

べにや民芸店が渋谷にあった時は、結構行っていましたが、移転してからは2回目です。
渋谷の外に階段のある細いビルが好きでしたが。

e0086881_21271236.jpg片野さんもいらっしゃって、お店の方にいきなり紹介されて、「濃い藍が紫ぽっく見えますが。・・・絞っていて手が痛くなりませんか?」わけの分からないことを聞いてしまいました。
写真のように、模様が楽しい感じがして、私も楽しい絞り染めをしたいと思いました。
単純な絞りでも組み合わせでこんなにかわいくできると。
片野さんは、写真で見ていたより?小柄な方でした。

e0086881_21524213.jpg

きのうは、私の誕生日でした。ブラックベリーのソース入りマフィンを焼きました。
ブラックベリーの赤色がでるかと思ったのに茶色になっていまいました。
[PR]
by karumian | 2005-10-22 21:58 | イベント | Trackback | Comments(0)