<   2006年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

第16回 韓山モシ文化祭 その2。

e0086881_21414424.jpg
e0086881_2142074.jpg
e0086881_21421699.jpg
韓国の茶道。
左の人の立ち姿とノリゲ?
混んでいてお茶はいただけませんでした。



e0086881_2145494.jpg



e0086881_2146912.jpg








 竹筬を作っている。人は休憩中?→

e0086881_21495676.jpge0086881_21501619.jpg←韓山モシ保存会の会長さん。
時代行列があって、馬毛の冠をかぶっている。

→ファッションショウーの1コマ。







e0086881_21561638.jpg
e0086881_21555554.jpgモシで出来た服を試着させてもらった。
左はツアー同行者。
中は地元の有力者?
右は私。


→ペチュニアの飾り。
[PR]
by karumian | 2006-04-30 22:03 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

第16回 韓山モシ文化祭 その1。

昨年5月3日と4日、韓国 韓山モシ文化祭に行くツアーの参加しました。
昨年のことなので、細かいことは忘れてしまいましたが、写真だけでも見てください。

e0086881_17114697.jpg←入り口の鳥の形の飾り。

e0086881_1712924.jpg








    ↑からむし
e0086881_17124290.jpg←小学生による糸績みの大会。

e0086881_1713287.jpg










          からむしから糸を取る。→


e0086881_1714169.jpg
←糸を績む(つなぐ)。
糸の先と根の方向が分かるように台にのせている。



e0086881_17142161.jpg





                    経糸の整経。→


e0086881_1736196.jpg




e0086881_1736205.jpg







経糸を千巻きする。
大豆の粉と塩の入ったものを、刷毛で塗り乾かしながら。


e0086881_17411332.jpg


高機。
霧を吹きながら、ビニールで外気を遮断した所で織っていた。

織りの用語を間違って使っているかもしれません。
[PR]
by karumian | 2006-04-29 17:46 | 旅行 | Trackback | Comments(1)

一人外ランチ。

e0086881_2312787.jpg一人外ランチの条件。
出来れば、飲み物付きで1000円以内。

3月30日 麹町 ガンジス
シーフードカレーのランチセット。980円。
ナンが甘くて、カレーが食べやすかった。




e0086881_2321493.jpg
4月7日 南青山 Bread &Company。
新じゃがとツナのサラダ。1000円。
スープと飲み物が付き、焼き立てパンが食べ放題。
パンのアンデルセンのレストラン。


e0086881_232399.jpg4月19日 池袋 アオザイ。
焼き鳥のせご飯 700円。
スープには、フォーのような麺が入っていた。
デザートは、ココナッツミルク小豆。
焼き鳥の味付けが、かなり甘い。





e0086881_2331886.jpg4月26日 浦和 サエパティリ。
ベジタブルカレーセット 850円。
ナンが大きい。飲み物付き。
人参、マッシュルーム、インゲン、グリーンピースがごろごろ入っていた。
ここは、一時営業を休止していた。
写真がピンボケですみません。
[PR]
by karumian | 2006-04-27 23:26 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

コゴミ。

e0086881_2204656.jpg夫のゴルフ帰り、直売所土産。
左から、椎茸、コゴミ、
タラの芽、山うど、トマト。
この材料だったら、天ぷらにするしかない?






e0086881_2211359.jpg左から、山うどの芽、
コゴミ、タラの芽、椎茸。







e0086881_2283972.jpg後日、残りのコゴミをゆでたら、
アゲハか何かの幼虫みたいに見えて・・・。





e0086881_22114790.jpgでも、筍と炊いておいしく食べちゃいました。
[PR]
by karumian | 2006-04-26 22:15 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

「新聞の集金に伺います。」

2月末、3月末に続き、今朝も変な電話がかかってきた。
「いつもお世話になっています。A新聞の**ですが。
これから集金に伺います。」
前回までは、「うち、A新聞は取っていないので・・・。」と言って早々に電話を切っていた。

きょうは、「A新聞を取っていないので。」と言うと、
「ちょっと待ってください。」と、
第二の男が出て、「おかあさん!おれだよ。」と、若くはない声?
私を「おかあさん」と呼ぶ人間はいないし、気味が悪かったので、
「これから出かけるので。」と電話を切った。

これって?振り込め詐欺か何か?
新聞代くらいで、こんなのあり?
朝から気分が滅入ってしまった。

うちにいるといろんな電話がかかってくる。
この頃は自分からは名乗らないし、
勧誘の電話だと思うとなるべく話を聞かないようにしている。

うちに電話くださる時、無愛想な応対だったらごめんなさい。
[PR]
by karumian | 2006-04-24 22:30 | 日々の小事 | Trackback | Comments(2)

こんな形になりました。

e0086881_14265525.jpge0086881_14271092.jpg
この布が、ロールカラーのブラウスになりました。

←写真左は、プログラムモードでフラッシュありで撮ったもの。

→写真右は、感度を上げてフラッシュ無しで撮ったもの。


布の色は、左の方が実物に近いが、画像が硬い感じがする。
右は、優しい感じ(画像粒子が粗い?)。
あなたは、どちらの写真がいいと思いますか?
[PR]
by karumian | 2006-04-23 14:43 | 布関係 | Trackback | Comments(2)

え!?何が出てきた?。

e0086881_16512083.jpg庭の柿の木の陰に、筍のようにニョキっと、何かが出ている。
何だろう・・・。
夫がゴルフ場からのお土産、マムシグサだった。


e0086881_16551785.jpg
e0086881_16554348.jpg

e0086881_16573055.jpg茎などの模様がマムシのうろこ模様のようだから、
マムシグサだそうだ。
サトイモの仲間。
これも、雌雄の花がある。
雌は秋に毒々しい赤い実をつける。
うちのは、筒状の苞がぴったりくっついているので、雌花?
不気味な花だが、ちょっとかわいい。
[PR]
by karumian | 2006-04-22 17:13 | 植物 | Trackback(1) | Comments(7)

うどの芽と小松菜の菜の花。

e0086881_21463576.jpgJAの直売所でで買った、
←うどの芽と↓小松菜の菜の花です。 








e0086881_21465110.jpgうどの芽は、炒めてきんぴらに。
うどは香りが強いので、味を濃い目にしました。
小松菜の菜の花は、ゆでて、桜えびとモヤシとあわせて、ポン酢にマヨネーズを混ぜたタレで食べました。
小松菜の菜の花は、普通の菜の花より癖が無く甘い感じ。


e0086881_21531342.jpg

e0086881_21533344.jpg
[PR]
by karumian | 2006-04-21 22:00 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

柿渋染め。

e0086881_21545261.jpg久し振りに柿渋染めをした。
2枚とも麻布。
水に浸けておいた布を軽く脱水して、柿渋液と水同量の液に、布を浸す。
よく揉み込む、絞って干す。
出来れば、夏の日差しの強い時の方が、濃く発色する。
裏表、むら無く日に当てる方がよい。
何回か、染めるのを繰り返す。
布を硬くしたくない時は、薄い柿渋液にする。
アルカリ液で洗うと、色が濃くなる。
柿渋染めは、日に当たるとある程度まで濃くなる。
他の染料は、日に当たると、多少なりとも褪色してしまう。
2回染めたあと、お日様待ち、晴れの日が続かないかな。
[PR]
by karumian | 2006-04-20 22:10 | 染め | Trackback | Comments(2)

春ご飯二種。

e0086881_181391.jpg上は醤油、下は木の芽味噌をつけた、焼きおにぎり。
おいしく出来ました。
私は、焼きおにぎりというと、
小学生の頃の夏休みの昼ごはんというイメージがあります。
おにぎりの大きさが揃っていないのは、ご愛嬌。




e0086881_18101322.jpgグリーンピースご飯。
もち米を半分、豆ははじめから文化鍋に入れて炊きます。
ちょっと水が多かったか、
ご飯が柔らかったです。
テレビで、豆のさやを入れてご飯を炊き、
ゆでた豆を蒸らす時に入れると、
緑の鮮やかなグリーンピースご飯になると、
言っていました。
[PR]
by karumian | 2006-04-19 18:28 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)