<   2007年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

白粥。

夫と車で買い物に出かけ、ステラタウンに久し振りに行った。
うちの近くのショッピングセンターで一番敷地が広い?
周辺の道路が結構混むので、夫に顰蹙をかう。
他のショッピングセンターには、門松がなかったが、
ステラタウンでは、何箇所も置いてあった。
e0086881_232848.jpg

今年も今日で松の内が終わる、しゃっきっと動かねば!!
来年も門松特集をしようと、秘かに思うのであった。
e0086881_2342017.jpg

夕飯は七草粥ならぬ、白粥を食べた。
[PR]
by karumian | 2007-01-07 23:06 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

松田権六の世界展。

e0086881_2212074.jpg

昨日、銀座から竹橋の近代美術館へ。
2006年が松田生誕110年、没後20年。
松田が研究した漆芸の古典作品や、保存修復を手がけた文化財も紹介。
師と仰いだ六角紫水の線彫りの細かさにびっくりした。
やっぱり、古きを訪ねて新しきを知るなのだ。

工芸館の2階、展示室の入り口に黒田辰秋のベンチが置いてある。
座ってなでてみた。
[PR]
by karumian | 2007-01-06 22:21 | イベント | Trackback | Comments(0)

門松その3、銀座に。

今日は、銀座松屋に「日本のおしゃれ展」を見に行く。

銀座中央通り沿いは、同じパタ-ンがほとんど。
孟宗竹の切り方は直角。
同じ形に見えていたが、こうやって並べると、松の表情が違う。
一番右は、歌舞伎座。台のカバーに木の皮?を使っている。
軒並み置いてあるので、対になったものより、隣の店の門松の方が近い所も。

e0086881_21471558.jpge0086881_21473795.jpg
e0086881_2150362.jpg























ミキモトまえ。仮屋崎省吾の作品と門松。バラの造花で「珠」。
e0086881_2156514.jpg

左は加賀屋、南天も本物。   右は田崎真珠。

e0086881_2222177.jpge0086881_223674.jpg























門松ではないけれど、ソニービル前。
e0086881_2264071.jpg

やっぱり銀座だけあって、門松の数は多い、同じパターンが多いが。
[PR]
by karumian | 2007-01-05 22:15 | Trackback | Comments(4)

門松その2。

調子に乗って、また門松です。
門松ってよくみると面白いです。

今日のベスト2。
e0086881_21192899.jpg
e0086881_2120219.jpg

は川口市役所。今までで最大。梅の枝には蕾。
藁の間には、クマザサとは葉ボタン。堂々とした門松。
ちょっと時間が経っているのか、色は褪せている感じだが。
は、与野の円乗院の仁王門前、門松というより背景との妙。↑
仁王さんにちょっと遠慮気味の門松がキュート?

e0086881_21283763.jpg
e0086881_212976.jpg

は、川口のマンション。藁飾りがポイント。
川口は新しいマンションに結構飾ってありました。
は、お菓子屋さんの小さい門松。センリョウの実は造花。
竹の太さが違う。

今日は車で出かけたので、夫に嫌がられながら、いろいろ撮ってみました。
今まで、門松は意識して見ていませんでしたが、
孟宗竹のバランスや、松のアレンジ、飾りの違いなどがあって楽しいです。
門松評論家になれるかな?
[PR]
by karumian | 2007-01-03 21:45 | Trackback | Comments(2)

門松。

                 明けましておめでとうございます。
                 今年もよろしくお願いいたします。
e0086881_921973.jpg

初詣に武蔵一ノ宮氷川神社に行った帰りに、門松ウォッチング。

e0086881_953118.jpg
e0086881_95525.jpg

左は、某ホテル、孟宗竹が太くて立派。梅?の枝も入っている。
孟宗竹のバランスが変?
右は、オフィスビルの入り口。小振りだがバランスがいい。
自分が写っちゃった。
e0086881_9111817.jpg

うちの近くのS学園。孟宗竹を使って欲しいな!

門松を立てているところが結構少ない気がしました。
やっぱり、関西方面の門松に比べると地味?
もう少し、門松ウォッチングをしようと思います。
門松情報をお持ちの方は、ご一報お願いします。
[PR]
by karumian | 2007-01-02 09:18 | Trackback | Comments(6)