<   2009年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

カタクリ。

入間市の牛沢のカタクリ自生地に行った。


カタクリの花は、うつむいて咲いていて、色も薄紫というか薄桃色で、
斜面に沢山咲いていても、あまり目立たない。
e0086881_1555535.jpg

西武池袋線仏子駅から、線路沿いに所沢方面に歩いて30分。
e0086881_15571030.jpg

e0086881_15574141.jpg

つぼみの赤ちゃん?
つぼみと葉が一緒に出て、茎がのびてから咲くようだ。
e0086881_1559590.jpg

途中住宅地を通り、よくぞ雑木林を残してくれた!という感じのところだ。
[PR]
by karumian | 2009-03-30 16:02 | 植物 | Trackback | Comments(2)

荒井里美染色展。

荒井さんとは20年前に、
タイの山岳少数民族の染織の旅行にご一緒してからのお付き合いです。
やはり、布には並々ならぬこだわりをお持ちです。
写真で素材感、色をお伝えするのは難しいのですが、
少しでも雰囲気が伝わればと思います。

この着物は、織りで濃淡の横縞を、友禅染めで主に縦縞を表現している。
色が全然違うのですが、格子の感じがとても好き。
模様の部分は、バティックの職人。
e0086881_22555985.jpg

この着物の花は、
下の写真左の銅のチャップで押していて、茎の部分は、
パラフィンで筆で描いているそうだ。
蝋を使っていても、道具で表現が違う。
e0086881_22584368.jpg

写真右は、チャンチン。蝋の線描きに使う道具。
e0086881_2259559.jpg

これは、結城紡と格子の布が、はいであった。
格子の布に、バティックをしてあるのが面白い。
e0086881_23102595.jpg

これは帯地。蝋で染めた布と、絣をはいであり、
刺繍で立体感、アクセントになっている。
e0086881_2310417.jpg

こだわりの布に染めた、友禅とバッティック。
是非実物を見ていただきたいと思います。
荒井さんが在廊しているときに、お話をうかがってください。
明日は、休みで、4月5日まで。
[PR]
by karumian | 2009-03-29 23:22 | 染め | Trackback | Comments(2)

ブラウンライス・カフェ。

母と久し振りに出かけた。
表参道近くのブラウンライス・カフェで食事をする。
12時をちょっと過ぎた時間で、店内は満員で、テラスに座る。
今日は、テラスでは少し寒いかと思ったが、
ガスストーブと膝掛けで結構暖か。
頼んだのは、日替わり膳。
オードブル。春キャベツにかかっているのは、豆乳のマヨネーズ風。
e0086881_22583015.jpg

玄米ご飯。お味噌汁。厚揚げ。ひじき。ほうれんそうの和え物。レタスサラダ。桜豆乳豆腐。
e0086881_22594342.jpg

これに、飲み物とデザート豆乳のティラミスが付いた。
美味しかったが、そんなに待ってまで食べたいほどでは?
おしゃれな若い人が多い人気のあるお店のようだった。
[PR]
by karumian | 2009-03-28 23:07 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

さいたま方面展示会。

鈴木道夫 藍染展 (タペストリー・のれん・浴衣・服)
2009年3月25日(水)~4月6日(月) 10:00~18:00 会期中無休
ひよし さいたま市岩槻区原町7-25 TEL048-756-3868
東武野田線岩槻駅下車 徒歩18分

どんな浴衣なのか、楽しみです。

荒井里美染色展 バティックとの共生 PartⅡ
2009年3月24日(火)~4月5日(日) 月曜定休 
10:00~18:00 最終日16:00まで
夏目画廊 さいたま市北区本郷町1-1545 TEL048-663-3552
土呂駅西口下車 徒歩8分

インドネシアのバティック職人の技術と、友禅のコラボ。
[PR]
by karumian | 2009-03-26 12:02 | イベント | Trackback | Comments(0)

「吉田美保子展 -Spring-」。

銀座もとじに「吉田美保子展 -Spring-」を見に行った。
銀座だし、呉服屋さんだし、とっても敷居が高い。
お店の方が付いて、丁寧に説明してくださる。
汗が出て来たが、逆立ちしたって買えない値段だし、素直に説明を聞く。
最終日だったので、帯は完売状態、ストールもほとんど売れてしまっていたようだ。
薄い色の中に、部分的に少し濃い色が絣になっている。
「刷り込み絣」という技法が、気になった。
吉田さんに伺ったら、経糸を機にかけた状態で、刷り込み刷毛を使って、色を差す。
他の人はほとんどしない経絣。
帯に効果的に使われていた。
「いつかは、着物で全体柄にもやってみたいです。」と吉田さんは、
まだまだ沢山、織りたいものがある様子。
手でひいた座繰り糸、草木染、やさしい風合い、モダンなデザイン、
吉田ワールドを堪能した。


吉田さん関係の写真がないので、
ナンクルナイサで食べたゴーヤチャンプルー定食。
ゴーヤチャンプルーの量が多くて、美味しかった。
デザートに小さい雪見大福。会計時にちんすこーもくれた。
e0086881_22265215.jpg

[PR]
by karumian | 2009-03-25 22:29 | 布関係 | Trackback | Comments(2)

実質値上げ。

知らないうちに×××ブルガリアヨーグルトが、500gから450gに減っていた。

新聞か何かに、
「いつもの通りにネコに缶詰のえさをやったら、
ネコがもの足りなそうにしている。
どうしてかと思ったら、缶詰の容量が減っていた。」
と書いてあったのを思い出した。
気がつかないだけで、こんなことが増えているのかもしれない。
10%増量とかは、大きく書くのにね。
e0086881_2293030.jpg

[PR]
by karumian | 2009-03-23 22:09 | 日々の小事 | Trackback | Comments(0)

ヒスイカズラ。

e0086881_22171184.jpg

大崎園芸植物園ヒスイカズラ
名前のとおり、すばらしい色。
房の長さは、1m以上。
[PR]
by karumian | 2009-03-21 22:21 | 植物 | Trackback | Comments(2)

それにしても・・・。

強い生命力。
まだまだのびています。
この分だと、種もできちゃうかも。
e0086881_13491251.jpg

この命をいただいて、人もたくましく生きていく。
[PR]
by karumian | 2009-03-19 13:53 | 植物 | Trackback | Comments(0)

手織り布っていいなあ!

e0086881_2284511.jpg

インドのリネンのストール。
自分で染めのストールはできても、織りはできない。

昨日、高校の時の友人のお通夜に行った。
年賀状をもらっていたのに・・・。
突然のお別れ、改めて彼の大きさを知った。
彼のご冥福を心からお祈りします。
毎日を丁寧に生きなければ・・・、それが一番難しい。
[PR]
by karumian | 2009-03-18 22:13 | Trackback | Comments(0)

パン焼き小屋kanon。

うちから自転車で15分くらいの所にあるのに、なかなか行けなかかった、
パン焼き小屋kanon
先週木曜日にやっと行った。
一番手前のユニークな形の大納言入りフランスパン
大粒の大納言がたくさんで美味しかった。
e0086881_2236985.jpg

写真左は、いちじくのパン、右はくるみパン
いちじくは赤ワインに漬けてあって、ごろっと入っている。
e0086881_22363532.jpg

バケットが、皮はパリッと、中はしっとりで、美味しかった。
今度は、カンパーニュ、ライ麦入りのミッシュブロートが、食べてみたい。
天然酵母、イースト両方のパンがある。
[PR]
by karumian | 2009-03-15 22:51 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)