<   2012年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

金の鈴。

e0086881_22412530.jpg

サンダーソニア






++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2012-06-27 22:42 | 植物 | Trackback | Comments(0)

すったて?

すったて(冷汁うどん)を食べてみたくて、川島町のだるまやへ。
e0086881_20533443.jpg

主人の冷汁は、ごま、みそ、シソで結構どろどろしている。
すったては、ごまみそベースのつゆに、きゅうり、シソが入っていた。
きゅうりがぱりぱりしていて美味しい。
うどんは、かなり腰があって、わたしはもう少し柔らかい方が食べやすいと思った
町の定食屋といった感じのお店で、近くにあったらいいなあ。
冬の呉汁うどんも食べてみたい。

ムシトリナデシコ
e0086881_2143687.jpg

それから、川島農産物直売所で野菜を買った。

川越のお寺で咲いていた、キササゲの花。
e0086881_2114150.jpg






+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2012-06-24 21:16 | 食べ物 | Trackback | Comments(4)

おすすめ展示会。

e0086881_2243882.jpg百花の庭で・・・

野村レイ子(草木ろうけつ染の箱)
+渡辺三重(陶芸)

6月22日(金)~7月1日(日)AM10:30~PM6:00(水曜5:00まで)

はるり銀花
川越市幸町7-1 陶舗やまわ2F






はるり銀花の20周年記念展、
23日~25日、陶舗やまわの1階奥の蔵で、
<思い出の企画展>のアルバム展示があるそうです。

20周年おめでとうございます。






e0086881_22221795.jpg

シナ、藤、葛、芭蕉、大麻、苧麻、木綿。
「いとなみの自然布展」に参加するメンバーは、自ら植物を採取、栽培して糸づくりをしています。
                                チラシより

これを見ただけでも、わくわくします。
シルクラブ





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2012-06-20 22:34 | イベント | Trackback | Comments(0)

農協食堂。

e0086881_228376.jpg

菖蒲グリーンセンター併設の農協食堂
日曜の11時過ぎ、すでに多くの人が食堂に入って行く。
もりうどん、てんぷら、肉うどん大。
値段が安くて、味はまあまあ。
野菜を買って、あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバルの会場へ。
e0086881_22181428.jpg
e0086881_22185032.jpg
e0086881_221956.jpg

でも一番撮りたかったのは、ニワゼキショウ
これもアヤメ科。
e0086881_22245451.jpg
e0086881_22252763.jpg






+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2012-06-18 22:26 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

森田直さんのお話を聞く会 第2回。

今回は、自然布と紙布。

原始布は、登録商標?なので、使えないとのこと。

まずは、紙布(しふ)。
*丹波布のような色使いの縦縞の紙布、薄くてきれいな布団側。
*藍の型染めで扇に牡丹柄のしっかりした布団側、3枚はぎ、紙布の特徴のぶつぶつ。
*庄内の真田帯、緯糸の紙糸は、見えない。帯の端の始末が両端で違う。
  紺・白・水色・黄土色のすっきりした縞。
*汗はじき まず用途として、汗よけではなくて、
  空気を含んで保温効果のために使われたらしい。汗はじきを研究した資料がないらしい。
  汗はじきを使った人は、もう生きていないのかなあ?と思った。
  大正生まれの人の親世代が着ていたとかいう話はないのかなあ?
  中国の生成り色のもの。
  日本の藍色のもの。
*はばき 植物の繊維の経糸に紙糸(白)綿糸(黒)で模様が織ってある。
  「はばき」と言われてもピンとこなかった。

葛布 型染めの縞が美しい袴。よく見ないと織り縞のようにみえる。

藤布 山形の鼠ヶ関(ねずがせき)の山藤糸に和紙が巻きつけてある糸で織った藍色の仕事着?
  藍がすれて趣のある感じになっていた。
    おおつづれ たて糸ー藤 よこ糸ー藤糸に反故紙を巻きつけ

榀布 細くていきれいな布を見せていただいた。
 佐渡の榀布は、東北のものより明るい色をしているそうだ。
オヒョウ(ハルニレ)の布 アイヌ、布端の糸が、木の繊維という感じだった。
 糸の太さが不揃いで、布幅も途中で変わっていた、何かの使用目的らしい。

アーランチェ 生成りと黒の大柄の格子がモダン、素材、どこで織られたか不明。
 糸ははりと透明感がある。

あんぎん(編衣) 新潟秋山郷、青苧の糸、仕事着、とても使い込まれているのかしなやか。

フィリピンのアバカのパフスリーブ、アバカのネットに刺繍がきれい。
       ピーニャのハンカチ?とても薄く繊細、ドローンワークをするのも大変そう。

バラエティーに富んだものをいろいろ見せていただいた。
メモに書いたもので、間違いがあると思います。

次回は、「はぎ」 布を接ぐだそうです。





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2012-06-16 22:42 | 布関係 | Trackback | Comments(0)

あじさい。

e0086881_22333796.jpg

今日の昼の日差しの中で、あじさいはまぶしそう。
明日からは、あじさい日和なのかな?





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2012-06-15 22:35 | 植物 | Trackback | Comments(0)

どくだみ。

八重のどくだみ、今年も咲きました。
e0086881_22344657.jpg






+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2012-06-14 22:35 | 植物 | Trackback | Comments(0)

和更紗展再び。

今年の2月に松濤美術館であった熊谷コレクションの和更紗展が、またやってくる。
e0086881_2244096.jpg

2012年7月4日(水)~19日(木) 9:00~18:00 最終日は13:00まで
入場料無料
会場:神奈川県民ホールギャラリー
同時開催:第51回日本現代工芸美術展

ギャラリートーク 7月7日(土)14:00から、講師熊谷博人
本展出品者で、和更紗研究に携わる熊谷氏による作品解説を行います。
                                                ちらしより

松濤美術館とは、違うのも出品されるのかな?楽しみです。





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2012-06-11 22:54 | イベント | Trackback | Comments(0)

印度更紗と苗族の刺繍。

午前中に古民藝もりたで「印度更紗展」、インド茜の深い色に囲まれて感動でした。
無地の茜染もたくさんあって、色も布も1つ1つが違っていた。
茜地に白いつる草?挿し色が少し残ったのが好きだ。

それから、青葉台のエスニカに「苗族刺繍の世界展」を見に行く。
どうして、こんなに緻密に刺繍ができるのか、ただただため息が出る。
e0086881_2241143.jpg

この丸の刺繍が好き。
e0086881_224222.jpg


e0086881_2228734.jpg
お昼は、青葉台のインド料理アマルで食べた。
マイルドなシーフードカレー、ナンはふっくら厚めで美味しかったです。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2012-06-10 22:19 | 布関係 | Trackback | Comments(0)

日々最終日。

e0086881_21373158.jpg

お陰様で日々での展示会16回目も盛況に終わりました。

今回は、リネンのストールを中心に染めました。

皆様にいろいろストールを巻いていただき、どんな風に模様が見えるとか、
お顔、洋服の雰囲気などで似合うストールが違うなど、大変勉強になりました。
また、これを生かして、素敵なストールを作っていきたいと思います。
e0086881_21453340.jpg






+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2012-06-07 21:46 | 展示会 | Trackback | Comments(4)