平和島骨董まつり。

e0086881_21133767.jpg今回の平和島骨董まつりは、今日12月16日から18日までです。東京流通センターで室内なのでお天気を気にせずいいです。200以上の業者が出展しています。




e0086881_2114583.jpg拡大鏡を持って行ってきました。
10時過ぎに会場に着きましたが、それほど混んでいませんでした。
出展業者が多く、歩いて見るのが精一杯で、拡大鏡を使って見る余裕も、勇気も?ありませんでした。
今回は、huiziさんに影響され、藍染め絞りを中心に見ました。
以前は、自分が藍染めにする麻布ばかり捜して見ていて、絞り布はあまり見えていませんでしたが。捜すと結構、絞り布が見えてきました。
e0086881_21361447.jpge0086881_21362853.jpg












思わず買ってしまったのが、やたら三浦?の綿の着物。
あまりの安さに、目を疑いました。はぎれの絞り布よりずっと安いのですから。
所々のしみ、焼けむらはありますが、状態は良いです。
布のくくりかたも、大きさ強さにむらがあって、いい味になっています。
手紡ぎの綿かどうかは分かりませんが。
骨董市も行っても、欲しい物が見つからないことの方が多いのですが、「犬も歩けば棒に当たる」ということなのでしょうか。
ちょっと前は、「骨董市はしばらく行かなくていいか。」と思ったのですが、また骨董市に通いそうです。
次回の平和島骨董まつりは、平成18年3月3日(金)から5日(日)です。
[PR]
# by karumian | 2005-12-16 21:53 | 布関係 | Trackback | Comments(0)

忘年会。

今日の昼、ある集まりの忘年会で、浦和の月光楼に行きました。女性12名のにぎやかな会でした。
はじめに、乾杯をしようと「ビール中ビン2本」を頼むと、「ビンはない」ということで白ワインのデカンタで乾杯。
潮風の膳2500円のコース。
e0086881_1721188.jpg自家製豆腐・少し温かく柔らかで何もつけずに食べると、大豆の甘みが。
茶碗蒸し








e0086881_17211816.jpg刺身5点・マグロ、生ダコ、ほたて、甘エビ、鯛、ちょっとずつですがおいしかったです。
焼魚と厚焼き玉子・魚が何だったか?






e0086881_1721443.jpg豚の角煮と里芋の炊き合わせ・角煮は柔らかで、里芋は上品な味付け。

コースはこれだけで、デザートに黒ゴマアイス200円もおいしかったです。




月光楼は、内装が和風でガラスの廊下があったり、店内は灯りを押さえていて大人の隠れ家と言った感じです。
12月なので、お昼も忘年会が多いのか、随分混んでいました。
外に看板がないので、ちょっと分かりにくい場所です。
[PR]
# by karumian | 2005-12-14 17:45 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

シクラメン。

e0086881_11234432.jpge0086881_1124582.jpg










ここ3年、この時期にシクラメンの鉢植えを頂く。
植物の管理はあまり得意ではないが、
シクラメンを見ていると心が華やかになる。
[PR]
# by karumian | 2005-12-13 11:28 | 植物 | Trackback | Comments(0)

スープカレーに挑戦。

e0086881_17175243.jpgきのう、主人と買い物に出かけ、昼にはじめて心のスープカレーを食べる。
私が頼んだのは、季節野菜のスープカレー1050円。
出てきたのは、楕円形の大きな皿にカレー、ライスにはなぜか海苔が2枚。
辛さ3番。中辛レベルで頼むが、私には辛すぎ。スープを半分以上残してしまった。
メニューをよく見ると、「野菜の甘みとスープカレーの辛さが絶妙」とあった。
けちなのか、残してしまったので負けたような気がした。
野菜がたくさん入っていて、辛ささえ口に合えばおいしかったと思う。
[PR]
# by karumian | 2005-12-12 17:33 | 食べ物 | Trackback | Comments(5)

布の教室。藤布・苧麻 

きのう、世田谷ものづくり学校のワークショップ「布の教室」に行った。
以前藍染めにするために骨董市で買った布が、大麻か苧麻か教えていただく。

吉田真一郎さんのコレクションから、苧麻・藤布と大麻・紙布を中心に見せていただく。
江戸時代、とても薄い越後上布に茶屋染め(藍の型と刺繍)を施した物、麻とは思えないしなやかさ、こんなに細い糸がどうして作れたのか。先人の技術の高さに改めて驚かされる。
100年位前の中国の苧麻の布、撚りのない糸で織られいて絹のように光沢があった。
e0086881_1633296.jpge0086881_16334720.jpg






         

      ↑厚手の藤布。

↑写真は、藤布の野良着。縁取りの藍染め木綿がおしゃれ。糸が比較的細く、柔らかくなっていた。
藤布と大麻を見分けるには、布をたくさん見るしかないそうだ。見た目では、かなり似ているの物がある。
e0086881_16483476.jpg写真はわかりにくいが。
江戸時代、紙布の袴、たてよこ糸とも和紙、小紋の型染め。仕上げに砧打ち。
たて糸も和紙というのがすばらしい。

すばらしい布を触りまくり、興奮して2時間があっという間に過ぎた。
[PR]
# by karumian | 2005-12-11 16:59 | 布関係 | Trackback | Comments(2)

自分の目で見よう。

夕方4時過ぎに、買い物に出た。
あたりは夕焼けで、東の方向のグレイのビルが、きれいなピンクに染まっていた。
デジカメがあったらと思った。でも、カメラでは色が撮れないだろう。
とてもきれいな色だったので、一生懸命目に焼き付けた。
買い物が終わって店から出たら、すっかり暗くなっていた。

e0086881_1745106.jpg明日の「布の教室」に持っていく布を捜す。
左の2枚は、1枚の布の裏と表、藍の絣を2枚を刺してある。とても細かい縫い目。使い込んで柔らかくいい感じ。
白いのは、たぶん大麻。

明日は、麻関係を持っていこう。
[PR]
# by karumian | 2005-12-09 17:52 | 日々の小事 | Trackback | Comments(0)

JAPAN CREATION2006。

e0086881_16452467.jpg












e0086881_16454794.jpg
桐生の(有)ワカタベさんより入場券をいただき、JAPAN CREATION2006
第9回繊維総合見本市に、東京ビッグサイトに行った。
その質と量でアジア№1の繊維総合見本市。
糸から製品までのファッションビジネスに関わる多彩な技術・クオリティ・クリエーションでいっぱい。
チラシより。
テキスタイルコンテストや産学連携、出展者のオリジナル素材と服飾専門学校学生とのコラボなどの展示もあり、盛りだくさん。
個人的に染色をしている者を相手にしてくれるか、最初はこわごわ覗いていった。
↑日本オーガニックコットン流通機構のブース。ガーゼ地やカラーコットンを数点見本を送ってもらうようお願いした。
アーテック㈱は、美濃和紙にホタテ貝殻パウダーを練りこんだ糸で蚊帳、綿糸と組み合わせたスカーフ生地などが興味深かった。ホタテパウダーは、抗菌・消臭・防カビ効果があるそうだ。
八王子や桐生など、結構織物工場で布を織っていることを知った。
e0086881_1724884.jpg

帰りに、国際展示場駅に向かうと、メタセコイア?がきれいに黄葉していた。
[PR]
# by karumian | 2005-12-08 17:27 | イベント | Trackback | Comments(2)

「編布の発見」と「更紗」。

e0086881_1731694.jpg今日、でかけた帰りに本屋に寄る。
最初に見つけたのが、
編布(あんぎん)の発見
-織物以前の衣料-滝沢秀一
 つなん出版 945円

筵(むしろ)のように編んで作る布。まだ読んでいないが、アンギン編みの工具、編み方が詳しく書いてあるもよう。縄文時代の衣服も、アンギンだったらしい。

e0086881_17503127.jpg



会計をしようと思って移動すると、別冊太陽「更紗」の表紙が呼んでいた。
この表紙を見て、布好きとしては通り過ぎることはできまい。表紙を眺めているだけで幸せな気持ちになれる。
もちろん、2冊を買ってしまった。
あまり、物を増やすまい!と思いつつ、舌の根の乾かぬうちにこれだから・・・。
[PR]
# by karumian | 2005-12-06 18:01 | 布関係 | Trackback | Comments(0)

きょうの晩ご飯。

e0086881_22272797.jpgきのう、主人が農産物直売所で買ってきてくれた物で。
左手前から、大根と油揚げの炒め物(大根葉入り)。
葉も柔らかく、大根が甘くておいしい。
京芋煮物。私にしては味がまあまあしみた。
赤蕪の漬物

それと鳥挽肉とレンコンの鳥団子。これは私の買った物。
[PR]
# by karumian | 2005-12-05 22:41 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

新井薬師の骨董市。

e0086881_22404167.jpgきょうは、新井薬師の骨董市に行って来ました。心配した雨は、10時半までもちました。
きょうの目的は、ブログ仲間?のhuiziさんにお会いすることと。
huiziさんのご紹介で世田谷ものづくり学校のワークショップ「布の教室」の骨董市見学です。
ブログで知り合った方に会うのは初めてだし、メールだけの待ち合わせだったのでとても不安でした。約束の場所にいると、ケータイで話している方がいて、そのマフラーが見たことある(ブログの写真で)と思ったら、それがhuiziさんでした。私も、柿渋のバッグを持っていたので面は割れていたようです。
吉田真一郎さんのご案内で布を見ました。紐の布で、手紡ぎ綿で藍の型染めになったのが印象的でした。
それから、食事をしながらhuiziさんの絞り染めコレクションを見せていただきました。
白影の麻の葉模様、大きい蜘蛛絞り、布が綿の絽だったり、素敵なものばかりでした。
お陰様で密度の濃い、すばらしい時間を過ごすことができました。
[PR]
# by karumian | 2005-12-04 23:28 | イベント | Trackback | Comments(2)