タグ:ヤドリギ ( 14 ) タグの人気記事

ヤドリギ!!

雨だとは思ったが、東京蚤の市に行った。
入口近くでヤドリギを売っているのを見た。
e0086881_21311492.jpg

パンマルシェでまずパンを買った。
写真の上部の緑の実は、せんだんの実。
e0086881_21333912.jpg

雨も結構降っていたり、なかなかピンと来るものが見つけられず、出口に向かう。
やどりぎのあったところで、よく見ると?
とっても大きなヤドリギが置いてあった。(花屋 西別府商店)
黄色とオレンジ色の実、すご~い。
e0086881_2138083.jpg

写真上部のたれさがっているものヤドリギ。
e0086881_21382745.jpg
e0086881_21384656.jpg

うちに買って帰ったパン、
1は、カノムパンのみそローフ、2は、うぐいすと穀雨の食パン、
3は、okinawa bakery iipe coppeの天然酵母食パン。
2はすごく柔らかくて好みでない。
e0086881_21444772.jpg

ドイツのリネンの穀物袋を買った。
e0086881_21563692.jpg





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2015-11-14 22:00 | イベント | Trackback | Comments(0)

由布岳とヤドリギ。

湯布院の由布津江川の源流橋近く。湯布院駅で海抜450mらしい。
由布岳とヤドリギ(白丸の中)が見えた。
e0086881_231346100.jpg

実がなっているのは見えなかった。
e0086881_231908.jpg

e0086881_2319593.jpg
e0086881_23201647.jpg

狭霧台から由布岳、頂上にうっすらと雪。
e0086881_23215197.jpg





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2015-01-19 23:25 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

三峯神社。

秩父には何回か行ったことがあったが、
三峯神社に行ったことはなかった。
ちゃんと調べていなかったので、三峰口駅から近いと思っていた。
車でくねくね山道を約一時間やっと、駐車場にたどり着く。

駐車場は、標高1000m。ヤドリギがたくさん着いた木があった。
e0086881_2230167.jpg

木までの距離があって実がついているか確認できなかった。
e0086881_22303039.jpg

御神木に触る順番を待つ人。
e0086881_22364146.jpg

狛犬ならぬ狛狼。
e0086881_22373390.jpg

東京蚤の市で、プロペラのような葉は、ヤドリギだったんだ。
e0086881_22385924.jpg





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2014-12-02 22:40 | 植物 | Trackback | Comments(0)

砧公園のヤドリギ。

昨年12月に砧公園でヤドリギ探しをしたのに、見つからなかった。
葉が茂っていて見つからないとは思ったが、リベンジで探した。
ありました。どうして見つからなかったのかと思うほど、ヤドリギが付いていた。
ばんざーい!!
「一の橋」の近く、イコール、水辺だと思ってしまったからか?
e0086881_0113122.jpg

e0086881_012679.jpg

e0086881_0124468.jpg





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2013-07-05 00:15 | 植物 | Trackback | Comments(0)

やどりぎ見っけ!

日高市女影(おなかげ)の交差点付近にヤドリギ発見!
古いおうちの蔵近く、大きなケヤキの木に。
e0086881_239167.jpg
e0086881_2391854.jpg

高いところで、緑の葉しか見えなかったけど。






+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2013-03-10 23:12 | 植物 | Trackback | Comments(0)

ヤドリギを探して・・・。

世田谷の砧公園にヤドリギが着生した木があるという情報は、2~3年前から知っていた。
世田谷美術館に行くときに見てみようと思っていた。
ネットで調べると、砧公園のファミリーパークの「一の橋」近くのエノキにあるらしい。
昨日行ってみた。
砧公園に着いたのが3時半になってしまったので、暗くならないうちに見つけようと歩き回る。
やっと見つけたのが、ファミリーパーク、一の橋近くの「えのきのトイレ」の裏の木に1つ。
e0086881_1854944.jpg

周辺に2個。
ヤドリギのもっと着いた、低いところに着いた木があるはず、なんですが・・・。

なぜ、ヤドリギが気になるのか?
鳥の食べた実が、木に引っ付いて、生えてくる生命の不思議さからでしょうか。
また、いつか青森かどこかで、雪のあるところで、
ヤドリギの実がたくさん着いた木を見たいです。

e0086881_189060.jpg
e0086881_1893795.jpg

歩き回って疲れたので、世田谷美術館のセタビカフェでマロンケーキを食べて休みました。
それから、松本竣介展を見た。
前期の「郊外」の深い緑色が、正面にバンと見え吸い込まれそうな感じがした。
後期・風景のセルリアンブルー、セピア、色調が、ピタッとはまった。
日曜の夕方閉館時間近く、ゆったりと見ることができた。


おまけ、帰り道、用賀駅近くで女性に「用賀駅はどこですか?」と聞かれた。
美術館帰りの女性。
「私も用賀駅に向かっているつもりなんですが・・・。」
私も不安になって、男性に聞いてみる。
「僕も美術館に来た帰りで・・・、たぶんこっちでいいと思います。」
と、なんとか、用賀駅にたどり着きました。
用賀駅は、地下にあって暗くて入り口がわかりにくかったです。
来たときは、明るかったので。





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2012-12-17 18:37 | 植物 | Trackback | Comments(0)

ヤドリギの発芽。

NHK出版の多田多恵子著「種子(タネ)たちの知恵」に、ヤドリギの発芽について書いてあった。
79ページから、引用。
e0086881_21511414.jpg

ヤドリギの寄生生活も根性がいるようです。
光合成は自分でするので、「半寄生植物」。
この本、面白いです。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2011-12-25 21:57 | 植物 | Trackback | Comments(0)

ちょっと京都?

e0086881_22222936.jpg
e0086881_2222503.jpg

ちょっと京都のお寺の庭に見えませんか?
実は埼玉県新座市の平林寺です。
紅葉の木が多くて、松平信綱公の立派なお墓もあります。

ヤドリギも見つけました。
e0086881_22314499.jpg

たけ山で腹ごしらえをしてから行きました。
のっぺい汁うどん。
e0086881_22381795.jpg





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2011-11-20 22:41 | Trackback | Comments(0)

hang cafe。

前から行ってみたかったhang cafeに。
日曜日は混むというので、開店10分前に着き一番乗り。
ランチのキッシュプレート。
これにカボチャのスープもつく。
野菜がとっても美味しかった。
e0086881_22411577.jpg

カプチーノと栗のショートケーキ。
ちょっと私には、コーヒーが強かった。
e0086881_22432280.jpg

帰りに、秋ヶ瀬公園のヤドリギがどんな状態か見に行った。
とは違い、まだ宿っている木に葉がたくさんついていて、
遠くからはわかりにくい。
ヤドリギの実もまだグリーンで小さい。
秋ヶ瀬公園、結構カラスウリがたくさんあった。
e0086881_22484230.jpg

上の写真の囲ったところが、ヤドリギ。





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2011-10-31 22:49 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

ヤドリギ!!

ヤドリギを見つけた!!
鎌倉で偶然見つけた。
一の鳥居近く、鎌倉市体育館前に、3,4本の木に。
随分立派に付いています。
e0086881_21492560.jpg
e0086881_21494628.jpg





+++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2011-02-10 21:50 | 植物 | Trackback | Comments(0)