<< 川口暮らふと。 Zopf(ツオップ)でパン三昧。 >>

江戸期の幟旗の魅力。

大宮郷土史研究会主催の「江戸期の幟旗の魅力」。
北村勝史さんのお話を聞きに行った。
こんな近くで、たくさんの幟旗が見られた。
e0086881_23101729.jpg

紙の大きな鍾馗様と小鬼。
遠くから見ていたら、布かと思った。
e0086881_23135540.jpg

私はこれが好き。
大きな波と跳躍力のあるうさぎ。
両方とも闘争心の象徴だそうだ。
e0086881_2316346.jpg

女子美で見たときとも、違う幟の選択で楽しかった。
紙ものが多く、紅花で染めた絹の五輪塔が素敵だった。
3か月前に入手したものもあり、北村コレクションは、まだまだ更新されている。
2018年海外の展示会予定もあるそうで、ますますのご活躍を応援します。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by karumian | 2015-11-01 23:24 | 布関係 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://someiroiro.exblog.jp/tb/23830102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 川口暮らふと。 Zopf(ツオップ)でパン三昧。 >>