<< 京都街中の門松 その1。 久美浜で門松。 >>

一乗寺の八大神社。

鎌倉時代に創建された一乗寺の氏神で、方位除け、厄除けに御利益がある。
境内に宮本武蔵の決闘を見守った初代の下り松がある。 ガイドブックより

神社の社殿前の正月飾りが特徴的だった。
e0086881_22492596.jpg
e0086881_22493301.jpg
和紙に巻いた炭、串柿、みかん。
正月飾りを取ると、注連縄に下がった三つ編みみたいな藁。
e0086881_22495156.jpg
小さいお社のお飾り。
e0086881_22494095.jpg
根つき松に和紙水引を結んだものは、家庭の門松にもされていた。





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


[PR]
by karumian | 2018-01-07 22:59 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://someiroiro.exblog.jp/tb/26502185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Piyo at 2018-01-08 23:32 x
正月に遠方へ出かけることが少ないので
珍しい門松や正月飾りを見るのは楽しみです。
ありがとうございます
Commented by karumian at 2018-01-10 23:13
>Piyoさま、京都はの門松は、葉牡丹と赤い実が使われているのが多いようです。
少しずつアップしていきますので、お楽しみ。
<< 京都街中の門松 その1。 久美浜で門松。 >>