<< 松の花。 アマガエル。 >>

ゼンマイ染め?

夫の買ってきた、ゼンマイ。
綿毛を取って、重曹、上から熱湯をかけ、一晩置く。
e0086881_1601788.jpg

e0086881_1604565.jpg

ゼンマイは、炒めてみたが、柔らかくはなったか、アクが抜けていない。
赤いきれいな液になった。
液を温めて、インドシルクのスカーフのはぎれを入れたら、茶色になっちゃた。
赤は熱に弱かった?
ゼンマイの綿毛を綿に混ぜて紡いだ糸で織った、ゼンマイ布はあるが、
ゼンマイ染めは聞いたことがない。
e0086881_164121.jpg

[PR]
by karumian | 2007-04-27 16:07 | 染め | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://someiroiro.exblog.jp/tb/5577540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hokui44do05 at 2007-04-27 20:19
私もずいぶん前に、
干したぜんまいの戻し汁で木綿を染めたことがあります。
赤茶色に染まりました。
退色せずにしっかり染まってます。
ゼンマイのアク取りは4~5日かかると聞いてます。
たいていは、ワタをとってから茹でて3~5日干す。
戻すときも、
干した日数かけて戻すとすっかりアクが抜けるそうです。
でも、干すとすごく少なくなっちゃうんですよ。
干しゼンマイが高い理由が分かりますね。
Commented by karumian at 2007-04-27 23:24
>コリンゴさま、やっぱりゼンマイはアク抜きが大変なのですね。
ワラビ感覚ではだめなんですね。
夫は、生のゼンマイが珍しかったから買ったと言っていました。
Commented by rui-studio at 2007-04-28 23:17
染め上がった色もきれいですね。
ぜんまいのかたちがおもしろくて図案のヒントになりそうな・・・
そうそう前回のカエルの色ですけど、あざやかさにドキッとすることがあります。
Commented by karumian at 2007-04-30 16:19
>るいさま、自然の造形の美しさには、驚かされますね。
ゼンマイ布を作った先人の知恵に感心させられます。

<< 松の花。 アマガエル。 >>