人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

柚木先生。

e0086881_23094728.jpg
ギャラリーTOMに、「柚木沙弥郎 Qui est?」を学生時代の友人と見に行く。
初日だったので、柚木先生がいらっしゃった。
先生は、96歳か97歳。
ずうずうしく?教え子ですと先生に御挨拶。
e0086881_23095575.jpg
先生のお父様のご友人からその昔もらったというフランスの絵皿。
陥入がいい具合。

7月には、神奈川県立近代美術館葉山で、柚木沙弥郎の「鳥獣戯画」展が開催される。


e0086881_17231220.jpg
友人が撮った写真、柚木先生に作品の解説を聞く、後姿私。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


by karumian | 2019-04-27 23:28 | 植物 | Trackback | Comments(0)

ブラッスリー・レカン cafe&bar

上野駅で一人ランチ。ブラッスリー・レカン cafe&bar。
ハヤシライスがサラダ付きで690円。
e0086881_22593347.jpg




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


by karumian | 2019-04-26 23:01 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

「白石の和紙」展。

紙の博物館「白石の和紙 ~名産紙布・紙衣を中心に~」を見に行った。
e0086881_22322659.jpg
奥州白石郷土工芸研究所員紙布担当だった、佐藤和子さんに会うために。
佐藤さんとは、22年前の民藝館の夏季学校、沖縄竹富島でご一緒して以来のお付き合い。

会場で上映されている映像は、紙布に使う糸の作り方や、
紙衣に用いる拓本染めが分かりやすかった。

トークショーが、「白石紙布の復興と奥州白石郷土工芸研究所」5月18日(土)11:00~12:20 にあります。
佐藤和子さんと池田明美さん(紙布作家)のお話。

白石和紙については

展示されている紙布用の和紙は、とても薄くて、
糸にするために切られた和紙は細くて繊細。
どうしてここまで手間をかけて、紙布を作るのが不思議だったが。
江戸時代に木綿が貴重品だった山陰や東北地方で多く生産された。
今は日本全国どこでも同じものが手に入るが、昔はそこで手に入るものを使うしかなかった。





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


by karumian | 2019-04-14 23:30 | イベント | Trackback | Comments(0)

イエローナイフでランチ。

e0086881_22545806.jpg
レンズ豆のスープ。カボチャや野菜がごろごろ、食べごたえあり。
ズッキーニ、ウィンナー、卵、人参のサンドイッチ。
お腹いっぱいご馳走様でした。





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

by karumian | 2019-04-04 22:59 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)