人気ブログランキング |

栗染め、その1。

栗は、幹材・樹皮・緑葉・花・果皮・イガのいずれも染料になります。
私は、栗ご飯でむいた皮を使いました。

栗染め、その1。_e0086881_17364297.jpg

絹のスカーフの染め方

① ボールに皮をいれ、水をいれ沸騰してから、20~30分煮出す。これを繰り返し3番液までとる。




栗染め、その1。_e0086881_17424980.jpg
② ①でとった染液を80℃くらいにあたためで、あらかじめぬらしたて脱水したスカーフを入れて、染液の中で静かに広げるように染める。20~30分。

③ 媒染液(ミョウバン・鉄・銅・石灰など)に浸ける。20~30分。

④ ②の液を温めて浸ける。20~30分。

染液を新しくして②③④を繰り返し、必要な濃さに染める。

大まかな染め方を書いたのでわかりにくいと思いますが。
媒染も説明が、必要ですね。つづく・・・。
# by karumian | 2005-10-05 18:14 | 染め | Trackback(1) | Comments(0)

栗ご飯、皮は染め材料。

栗ご飯、皮は染め材料。_e0086881_11473781.jpg
きのう、土鍋で栗ご飯を炊きました。普段は、文化鍋でご飯を炊いています。土鍋で炊くと、ふっくら、水分の適度にとんでおいしいです。

今、むいた皮で絹のスカーフを染めています。
染めについては、明日以降お伝えします。
# by karumian | 2005-10-04 11:57 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

辛夷の実。

辛夷の実。_e0086881_13192614.jpg
主人のゴルフ土産、辛夷の実です。赤い実がとても色鮮やかです。
辛夷というのは、実の形が握りこぶしに似ていることから由来する。


辛夷の実。_e0086881_13271561.jpg


昨年山梨に行った時、始めて見てなるほどと思いました。
赤い実を引っ掻くと、黒い実が出てきます。

そろそろ、本題染めのネタに入らねばと思いつつ、「植物雑記」になってしまいそうですね。
# by karumian | 2005-10-03 13:39 | 植物 | Trackback | Comments(0)

ハマナスのジャム。

去年9月函館に行ったとき、ハマナスの実がミニトマトのようにたくさん生っていました。実がジャムになることは知っていたので、採りたいと思いましたが・・・。

ハマナスのジャム。_e0086881_1029074.jpg
ところが、最近親が礼文・利尻島方面に旅行、なんとお土産にハマナスのジャムをもらいました。
味は、酸っぱくて少し癖があります。ハマナスの実は、種がたくさんなのでジャムにするには濾したり手間がかかると思います。

ハマナスのジャム。_e0086881_10371128.jpg
# by karumian | 2005-10-02 10:42 | 植物 | Trackback | Comments(2)

グァバの実。

写真は、うちの玄関の外に鉢植えで置いているグァバです。実がたわわになっています。剪定・摘果をしていないので、実の大きさは2センチくらいです。黄色く色づくと自然に落ちます。断面写真のように種が多いですが、食べると甘酸っぱいです。
グァバの実。_e0086881_11164795.jpg
グァバの実。_e0086881_11172445.jpg

# by karumian | 2005-10-01 11:18 | 植物 | Trackback | Comments(0)

ブログはじめました。

ブログはじめました。_e0086881_116135.jpg
これは、ハッカクの実です。スパイスとして売っているのしか見たことありませんでした。
実が落ちてから、緑色から茶色になっていきます。
# by karumian | 2005-09-30 11:18 | 植物 | Trackback | Comments(4)